40歳ロペス躍動 デ杯白星スタート

ゲッティイメージズ
快勝をおさめたロペス
画像提供:ゲッティイメージズ

国別対抗戦のデビスカップ by Rakuten ファイナルズ2021(スペイン/オーストリア/イタリア共同開催)は26日、グループA第1戦が行われ、スペインがエクアドルを3勝0敗で退けて初戦を白星で飾った。

>>デビスカップの組み合わせ<<

>>【YouTube】苦手な片手バックハンド高い打点を克服、利き腕と逆側がコツ??<<

シングルス2試合とダブルス1試合で争われるこの大会。18カ国が3カ国ずつ6グループに別れリーグ戦が行われ、各組上位1チームと2位チームの中から成績上位2カ国の計8カ国が準々決勝に進出し、決勝トーナメントを戦う。

グループAには前回覇者のスペイン、エクアドルのほかに世界ランク2位のD・メドベージェフ(ロシア)A・ルブレフ(ロシア)A・カラツェフ(ロシア)らを擁するロシアテニス連盟も所属。26日には第1戦としてスペインvsエクアドルが組まれた。

スペインはR・ナダル(スペイン)を負傷で、そしてC・アルカラス(スペイン)を新型コロナウイルスの陽性により欠くなか、第1試合では40歳のF・ロペス(スペイン)が躍動した。世界ランク106位のロペスは同291位のR・キロス(エクアドル)と対戦。

この試合、ロペスは14本ものサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに74パーセントの確率でポイントを獲得。キロスに5度のブレークチャンスを与えたもののこれをすべてしのぐと、リターンゲームでは3度のブレークに成功し6-3,6-3のストレートで勝利した。

先勝したスペインは、第2試合に世界ランク20位のP・カレノ=ブスタ(スペイン)が登場。同149位のE・ゴメス(エクアドル)を5-7,6-3,7-6 (7-5)の逆転で破り勝利を決定させた。その後の第3試合でもスペインはカレノ=ブスタ/ M・グラノジェルス(スペイン)組がG・エスコバー(エクアドル)/ D・ヒダルゴ(エクアドル)組を6-4,6-7 (5-7),7-6 (7-2)のフルセットで下し3勝0敗として第1戦を終えた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはロペスのコメントが掲載されている。

「僕はまだ試合に対する情熱がある。その熱がなければここにいないよ。僕はいま40歳だ。長い間ツアーでプレーしてきたけど、情熱がなければ毎日のトレーニングを続けることができないのは事実。僕は祖国に最初の勝利を届けるこのような瞬間を待っていたんだ」

27日に行われる第2戦ではロシアテニス連盟vsエクアドル、28日の第3戦ではスペインvsロシアテニス連盟が組まれている。

そのほかでは、グループEでイタリアがアメリカを、グループFでセルビアがオーストリアをそれぞれ破って、第1戦を白星でスタートしている。

WOWOWテニスフェスティバル2021
12/12(日)午後4:00
日本の誇る国枝 慎吾・上地 結衣らがトークやエキシビションマッチなどを行なうスペシャルイベントを生中継!

WOWOWで無料放送&WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織「またコイツに負けた」
・錦織、腰痛で今季終了を発表
・大坂 なおみ 日本人初の受賞

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年11月27日11時08分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)