メド 8強逃す「理由分かる」

ゲッティイメージズ
ダニール・メドベージェフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は13日、シングルス4回戦が行われ、第1シードのD・メドベージェフ(ロシア)は第23シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)に6-4,4-6,3-6の逆転で敗れ、大会初のベスト8進出を逃した。

>>チチパスら BNPパリバOP組み合わせ<<

第1セット、ファーストサービスが入った時に80パーセントの確率でポイントを獲得したメドベージェフは1度もブレークを許さず。リターンゲームでは1度のブレークに成功し、先行する。しかし、第2セットで4度のブレークを許しセットカウント1-1に追いつかれるとファイナルセットでも2度のブレークを許し、2時間14分で力尽きた。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトに敗れたメドベージェフのコメントを掲載。先月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初制覇を果たしたメドベージェフは今回の結果について次のように語った。

「もし、全米オープン決勝で負けていたら、(自分に)少し厳しい態度をとっていたかもしれない。今回、なぜこのような結果になったのか、その理由はよく分かっているつもりだ。彼(ディミトロフ)は、僕が優勝した全米オープンのときの誰よりも、試合の後半をうまくプレーした。このレベルでプレーすれば、誰にも負けることはないと思う」

「今回の試合が終わりだとは思っていない。次の試合に向けて、次はもっといいプレーができるように頑張りたい。インディアンウェルズはとても好きな場所なので、いつかもっといいプレーができるようにしたいと思うね」

勝利したディミトロフは準々決勝で第8シードのH・フルカチュ(ポーランド)と対戦する。フルカチュは4回戦で第19シードのA・カラツェフ(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には、第2シードのS・チチパス(ギリシャ)、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第11シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)らが8強入りを果たした一方で、第6シードのC・ルード(ノルウェー)は4回戦敗退となった。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)~10/17(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・前週Vフルカチュ 初戦突破
・WB躍進フルカチュ 自己最高位へ
・前週準Vカラツェフは棄権

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキングの8強

(2021年10月14日15時00分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)