ズベレフ 世界41位破り8強

ゲッティイメージズ
8強入りのアレクサンダー・ズベレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)は28日、テニスの男子シングルス3回戦が行われ、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)が世界ランク41位のN・バシラシヴィリ(ジョージア)を6-4, 7-6 (7-5)のストレートで破り、ベスト8進出を果たした。

>>錦織、大坂ら東京オリンピック対戦表<<

>>錦織 準々決勝1ポイント速報<<

この試合、ファーストサービスが入った時に78パーセントの確率でポイントを獲得したズベレフは11本のサービスエースを決めた。リターンゲームでは2度のブレークに成功し、1時間38分で勝利した。

勝利したズベレフは準々決勝で世界ランク68位のJ・シャルディ(フランス)と対戦する。シャルディは3回戦で同143位のL・ブロディ(英国)を7-6 (7-3), 4-6, 6-1のフルセットで下しての勝ち上がり。

同日の3回戦では、第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)、第6シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)、第12シードのK・ハチャノフ(ロシア)、第14シードのU・アンベール(フランス)、世界ランク69位の錦織圭が8強へ駒を進めている。

※アンベールの名の表記に誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。




■関連ニュース

・「大坂の考え同意できない」
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ、失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年7月28日17時40分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)