キリオスがアンダーソン撃破

ゲッティイメージズ
初戦を突破したキリオス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)は27日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク58位のN・キリオス(オーストラリア)が同75位のK・アンダーソン(南アフリカ)を7-6 (7-4), 6-3のストレートで下し、2018年以来3年ぶり3度目の初戦突破を果たした。

>>錦織ら東京オリンピック対戦表<<

>>錦織 準々決勝1ポイント速報<<

2016年に同大会を制したキリオスはこの試合、15本のサービスエースを放ってファーストサービスが入ったときに86パーセントの確率でポイントを獲得。元世界ランク5位のアンダーソンにブレークポイントを与えることなく1時間21分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでキリオスのコメントを掲載し「アンダーソンは簡単な相手じゃないよ。彼はグランドスラムの決勝まで行ったこともあるし、試合の勝ち方を知っている」と語った。

「彼のサービスは世界でもトップクラスだ。だから今日の試合はタフになると予想できていた。僕も最近はたくさんのプレーをしていないけれど、サービスもよかったしここでのプレーを楽しめている」

2回戦では世界ランク78位のE・ルースボリ(フィンランド)と対戦する。ルースボリは1回戦で同106位のM・マクドナルド(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第5シードのT・フリッツ(アメリカ)、第6シードのJ・イズナー(アメリカ)、第7シードのB・ペール(フランス)らが2回戦へ駒を進めた。




■関連ニュース

・キリオス ビッグ3は「神」
・キリオス 手術の西岡へエール
・キリオス、ズベレフ外出に激怒

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年7月28日17時01分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)