錦織 準々決勝はジョコビッチ

ゲッティイメージズ
ベスト8進出を果たしたジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)は28日、テニスの男子シングルス3回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第16シードのA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)を6-3,6-1のストレートで破り、ベスト8進出を果たした。この結果、世界ランク69位の錦織圭は準々決勝でジョコビッチと対戦することが決まった。

>>錦織ら東京オリンピック対戦表<<

>>錦織vsジョコビッチ 1ポイント速報<<

両者は19度目の顔合わせで錦織の2勝16敗。直近では2019年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準々決勝でそのときは第2セット途中で錦織が棄権した。

錦織が最後にジョコビッチを下したのは2014年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)準決勝となっており、以降は途中棄権を含め15連敗を喫している。

錦織は3回戦で世界ランク66位のI・イヴァシカ(ベラルーシ)をストレートで破り、オリンピック3大会連続となるベスト8に駒を進めた。




■関連ニュース

・大坂へ全仏OP「回復祈る」
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織「またコイツに負けた」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年7月28日18時57分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)