波乱 バーティ五輪初戦敗退

ゲッティイメージズ
初戦で姿を消した世界1位のバーティ
画像提供:ゲッティイメージズ

東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)は25日、テニスの女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク1位で第1シードのA・バーティ(オーストラリア)が同48位のS・ソリベス=トルモ(スペイン)に4-6, 3-6のストレートで敗れる波乱が起き、初戦で姿を消した。

>>大坂 なおみら東京オリンピック対戦表<<

>>大坂 なおみvsサイサイ 1ポイント速報<<

今月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で四大大会2勝目をあげたバーティは、この日、第3・第5ゲームでブレークされる。フォアハンドのウィナーを決めるなどして第6ゲームで1ブレークを返すも第1セットを落とす。

第2セット、試合の流れを掴めないバーティはミスを重ねて第1ゲームからブレークを許す。即座に追いつくも、第7ゲームで再びサービスゲームを破られてそのまま力尽き、初のオリンピックで白星を飾ることができなかった。

番狂わせを起こしたソリベス トルモは2回戦で世界ランク53位のA・セバストバ(ラトビア)と同64位のF・フェロ(フランス)の勝者と対戦する。

同日には第2シードの大坂なおみ、第3シードのA・サバレンカ(ベラルーシ)、第4シードのE・スイトリナ(ウクライナ)、第5シードのKa・プリスコバ(チェコ)ら上位シード勢が1回戦に臨む。




■関連ニュース

・「涙を流した」とバーティ
・「大坂の考え同意できない」
・土居撃破バーティ「いい気分」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年7月25日12時43分)
その他のニュース