世界106位がV「信じられない」

ゲッティ イメージズ
リュドミラ・サムソノヴァ
画像提供:ゲッティ イメージズ

女子テニスのベット1オープン(ドイツ/ベルリン、芝、WTA500)は20日、シングルス決勝が行われ、世界ランク106位のL・サムソノヴァ(ロシア)が第5シードのB・ベンチッチ(スイス)を1-6, 6-1, 6-3の逆転で破り、キャリア初優勝を飾った。

決勝戦、サムソノヴァは7本のブレークポイントを握られるも、そのうち5本を死守。サービスでは14本のサービスエースを決めるなど、ファーストサービスが入ったときに76パーセントの確率でポイントを獲得した。リターンゲームでは4度のブレークに成功し、1時間37分で勝利し悲願の優勝を決めている。

女子プロテニス協会のWTAは公式サイトにサムソノヴァのコメントを掲載し「信じられない。期待していなかった。優勝を夢見ていたけど、素晴らしいことだ」と語った。

サムソノヴァは今大会の優勝により、21日付のWTA世界ランキングで43上げて自己最高の世界ランク63位にまで浮上している。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/28(月)~7/11(日)
WOWOWで連日生中継!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

大坂なおみ 芝新設大会出場へ
・4強に「逆転できてよかった」
土居美咲 芝新大会本戦入り

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年6月21日16時16分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)