綿貫陽介 マヨルカ本戦ならず

ゲッティイメージズ
予選決勝を戦う綿貫陽介
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのマヨルカ・チャンピオンシップス(スペイン/マヨルカ、芝、ATP250)は20日、シングルス予選決勝が行われ、世界ランク255位の綿貫陽介は第4シードのR・カルバレス バエナ(スペイン)と対戦し、4-6, 7-5, 2-6のフルセットで敗れた。

>>日本男子 WB予選ドロー決定<<

第1セット、互いにサービスキープを続けるも綿貫は第10ゲームでブレークを許して先取される。

綿貫は第2セットを取り返して1セットオールに持ち込むも、ファイナルセットではセカンドサーブでのポイント獲得率が20%に留まるなど計3度のブレークを許して敗れた。

同大会は昨年新設された大会だったが、第1回大会は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて延期となっていたため、今年が初めての開催となる。

本戦の第1シードはD・メドベージェフ(ロシア)、第2シードはD・ティーム(オーストリア)、第3シードはR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第4シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)、第5シードはC・ルード(ノルウェー)、第6シードはK・ハチャノフ(ロシア)、第7シードはU・アンベール(フランス)、第8シードはD・ラヨビッチ(セルビア)。上位4シードは1回戦免除のため、2回戦から登場する。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/28(月)~7/11(日)
WOWOWで連日生中継!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 五輪「どうなるんだろう」
・ティーム 東京五輪を欠場
・大坂 ウィンブルドン欠場へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年6月21日7時19分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)