ベレティーニが今季2勝目

ゲッティイメージズ
マッテオ・ベレッティーニが優勝
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのシンチ・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)は20日、シングルス決勝が行われ、第1シードのM・ベレッティーニ(イタリア)が世界ランク41位のC・ノリー(イギリス)を6-4, 6-7(5-7), 6-3のフルセットで下し、優勝をおさめた。

>>マレー撃破「復帰がうれしい」<<

決勝まで1セットも落とさずに勝ち上がってきたベレッティーニに対して、ノーシードのノリーは2回戦で第5シードのA・カラツェフ(ロシア)、準決勝では第2シードのD・シャポバロフ(カナダ)を破って決勝に進出。

初顔合わせとなった両者の対戦。ベレッティーニはサービスエースを19本決めるなどファーストサーブが入った際のポイント獲得率が91%、試合を通じて1度もブレークポイントをノリーに与えず、第1セットと第3セットでそれぞれ1ブレークを奪い、今季2度目のタイトルを手にした。

ベレッティーニのツアー優勝は4月のセルビア・オープン(セルビア/ベオグラード、レッドクレー、ATP250)に続き、キャリア通算5度目。グラスコートでは、2019年のメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)以来、2度目のツアータイトルとなり、28日に開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に向けて弾みをつけた。

6/28(月)~7/11(日)
WOWOWで連日生中継

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 五輪「どうなるんだろう」
・ティーム 東京五輪を欠場
・大坂 ウィンブルドン欠場へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年6月20日23時59分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)