ジョコ8強 4本のSPしのぐ

ゲッティイメージズ
ベスト8進出を果たしたジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)は28日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク24位のB・チョリッチ(クロアチア)を7-6 (13-11), 6-3のストレートで下し、ベスト8進出を果たした。

>>ジョコらエルステ・バンクOP対戦表<<

>>ラケットバッグの中を公開【田島 尚輝】インタビュー後編<<

同月に行われた全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で準優勝を飾ったジョコビッチは第1セット、タイブレークでチョリッチから4本のセットポイントをしのいで先取。第2セットでは2度のブレークに成功し2時間7分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでジョコビッチのコメントを掲載しており「とても疲労が激しい試合だった。間違いなくチョリッチは素晴らしいファイターで、僕のいい友達だ。コートの外ではもう長い間互いを知り合っているよ」と語った。

「チョリッチは僕のプレースタイルと似ている。バックハンドはすごく安定していて、フォアハンドでポイントを組み立てていく。サービスもとてもよく、特にこの試合の第1セットでは素晴らしかった。僕はリターンに苦労したよ」

準々決勝では世界ランク31位のH・ホルカシュ(ポーランド)と同42位のL・ソネゴ(イタリア)の勝者と対戦する。

同日の2回戦では世界ランク111位のK・アンダーソン(南アフリカ)が同15位のP・カレノ=ブスタ(スペイン)をストレートで破り、8強へ駒を進めた。

またジョコビッチはこの試合の勝利により、世界ランク2位のR・ナダル(スペイン)が11月8日から開幕するソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)に出場しない場合、歴代最多タイ6度目の年間最終世界ランキングで1位になることが決まった。

[PR]「男子テニスATPツアー500 ウィーン」
10月26日(月)~11月1日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」
11月2日(月)~11月8日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ジョコとティームが練習
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ 失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年10月29日7時44分)
その他のニュース