世界中の子供たちと通話活動

ゲッティイメージズ
マリー・ブズコバ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子プロテニス協会のWTAは19日に公式サイトで、世界ランク42位のM・ブズコバ(チェコ)が世界の子供たちとビデオ通話を行ったと掲載した。

【ダニエル 太郎】後編 ラケットバッグの中を公開、苦悩の2019年を明かす

>>YouTube テニス365チャンネル<<

21歳のブズコバは今季、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)1回戦で世界ランク10位の大坂なおみに敗れるも、3月のモンテレイ・オープン(メキシコ/モンテレイ、ハード、WTAインターナショナル)でツアー初の準優勝を飾った。

ブズコバは新型コロナウイルスの影響により自粛を科せられてテニスをする機会が減ってしまった世界中の子供たちとつながるために同通話を開始。第1回となった今回は、この自粛が若い世代にどれほど影響を与えるかを語った。

毎週日曜日の12時から行われることとなった同活動についてブズコバは「多くの人たちがスポーツ選手とつながっているのを見て考えた。私も子供たちと通話を行えるのではないかと思った」と語った。

ツアーは現在7月31日まで男女ともに中止が発表されている。

[PR]「日本テニス史上最強の2人 錦織圭・大坂なおみ」
これまで放送してきたテニスのグランドスラム大会の名勝負を厳選しお届けする。男女シングルスの準決勝、決勝を中心に、錦織圭、大坂なおみはじめ日本人選手が奮闘するカードなど、今なお色あせない好試合ばかり。

【放送日】
5/3(日・祝)~5/21(木)


■詳細・放送スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・テニス7団体が選手を資金援助
・トップ選手の移動距離を計測
・21歳ブズコバ 初のトップ50へ

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年5月20日20時28分)
その他のニュース