国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【GEEK通信】「プリンス白ツアー5機種で5連勝」

■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。 ウインザーラケットショップ池袋店スタッフの中居が独自の目線で話題の商品を紹介します。 テニスに関する仕事をして30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っているシニアプレーヤーです。
----------------------

今年の全米オープンの1回戦を覚えているでしょうか。

なんと大坂なおみ選手と土居美咲選手が対戦!

2時間越える熱戦で2ー1で大坂なおみ選手が勝ったのですが、注目したポイントはどちらも白いラケットを使っていて、全米オープンのコートに映えていて、カッコ良かったことです。

白いラケットと言えばプリンスではないでしょうか。スペクトラムコンポにラフターが使っていた白いベンデッタ、杉山愛さんが使っていたハリアーを思い出します。

そして、この度新しいツアーシリーズが真っ白で発売されました。



前作のブラック×グリーンのモデルからどのように変わったのか全5機種をダブルスのゲームの中でテストしていきましょう。
※ちなみに、全仏オープンで優勝したポーランドのイガシフォンテクは、ブラック×グリーンのツアー100 (290g)を使っていました。

ツアーO3 100(290g)、ツアー100(290g) ツアーO3 100(310g)、ツアー100(310g) ツアー95 の順番でテストしていきます。



ウォーミングアップをしていると、隣でプレーしている女性と目が合いました。

中居「あれー、Nさんじゃないですか」

Nさん「、、、あっ中居さんですか」

いつも自分がガット張りをしているNさんでした。

この日はダブルスのペアの方とテニスオフに参加したとのことでした。

ペアのAさん「その白いラケットはこの前発売されたツアーですか」

中居「よかったら打ってみてください」

Aさんはブラック×グリーンのツアーO3 100を使っていました。この日のルールは、勝ったペアは勝ち残りで、次のゲームでは勝ったペアを解消して対戦相手になります。強いプレーヤー同士がペアになって勝っても、次戦ではライバルになり、勝ち続けるのは難しくなります。

1試合目、ツアーO3 100(290g)でスタート。

あれっこんなに柔らかい打球感だったかな。 意外とパワーがあって打ち負けない。 スライスのリターンが伸びて相手が取りづらそう。 サービスの振り抜きがよくて、セカンドサービスもよく跳ねる。 勝利しました。



2試合目、ツアー100(290g)でスタート。

音がよくて打球感が気持ち良い。 さらにパワーがアップしてるように感じます。 ボレー、スマッシュがミスなく決まります。 フラット系のボールに威力があり、ストレートが抜けました。 勝利しました。



3試合目、ツアーO3 100(310g)でスタート。

やっぱり20g重たくなると、振りが鈍ります。いきなりダブルフォルト2連続でサービスダウン。 リターンは逆にエースが飛び出しました。 ジュースコートでリターン、サウスポーのスライスサービスがセンターに入り、前に出ながらバックハンドでブロックリターンをセンターに、ど真ん中を抜けて行きました。 勝利しました。



4試合目、ツアー100(310g)でスタート。

重さに慣れてきたのか、ダブルフォルトなしでサービスキープ。 リターンの破壊力があり、前衛アタック成功。 トップスピンロブも決まり、勝利しました。



5試合目、ツアー95でスタート。

95平方インチ、当たるか心配でしたが、ストローク、ボレー、スマッシュは普通通り打てました。 サービスは逆に威力が増し簡単にキープ。 芯に当たると気持ち良いですね。 勝利し、なんと5連勝。



5試合連続でプレーしたので、そろそろ疲れが出てきたので、マイラケットのビタス115(260g、115平方インチ)に戻したのですが、タイミングが合わず、バックアウト連発で負けてしまいました。 その後にレヴォCS10.0でも敗戦。

結局、その日はツアーシリーズでプレーしてました。 毎回ペアや相手が変わりますので、勝ち負けは参考にはなりませんが、ツアーシリーズが打ちやすかったのは事実です。

O3タイプとノーマルタイプの違いは、柔らかい打球感で振りやすさを重視すれば、O3タイプが良いと思います。

強打すれどもコントロールを重視したい方は、ノーマルタイプが良いと思います。

特に310gを使う体力のある方ならノーマルタイプがおすすめです。

ツアー95に関しては、フラット系のボールが中心のストローカーやサービスの威力で押す方におすすめです。

参加者のAさんは女子連Bの強者です。

私「新しいツアーO3はどうでしたか」

Aさん「ボワンボワンしますね」

私「ダメでしたか」

Aさん「ボワンボワンして、柔らかくて凄く良かったです。今のよりソフトに感じました。絶対買います。」

私「お待ちしております」

てっきり、ダメなのかと思いました。

ボワンボワンは褒め言葉なのですね。

今回のストリングはナイロンのトップスピンXXが張ってありましたが、柔らかい打球感でパワーアップしていることが白ツアーの特徴ですので、柔らかいのが苦手、パワーがあり過ぎてアウトしてしまうという方は、ポリエステルを張ることで、柔らか過ぎずに、パワーをコントロールできるようになると思います。

デザインに惚れて、使いやすさに驚かされ、結果もよく、こんなテストは久しぶりです。




■関連ニュース

・【GEEK通信】「黄金スペックを変えてしまうかも、エンブレム110、120の完成度の高さにびっくり」
・プリンス グラファイトが復活
・「記憶に残るラケットベスト5を発表します。」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年11月25日14時00分)

その他のニュース

1月15日

大坂 隔離中の写真を公開 (22時09分)

全豪OPのコロナ対策に感銘 (21時30分)

錦織らツアーでの親友明かす (17時35分)

コロナ陽性も渡豪を認める (17時28分)

ヨネックスとJSTAが契約 (15時10分)

膝の故障で全豪OPなど欠場へ (15時08分)

豪に到着「自信を深めたい」 (13時53分)

「勉強と努力が必要」とコルダ (11時49分)

陽性のマレーに全豪「残念」 (10時29分)

渡豪直前にコロナ陽性「失望」 (9時01分)

大坂 24時間密着企画に出演 (7時35分)

大坂なおみ ジョコら豪に到着 (0時52分)

1月14日

モヤ 豪はナダルに帯同せず (22時25分)

17歳新星が全豪OP初の本戦へ (21時32分)

マレー 新型コロナ陽性と公表 (20時26分)

西岡、大坂ら 豪へ向け出発 (19時06分)

トミック 全豪OP本戦入り (17時55分)

7分で決着「全てよくなってる」 (16時32分)

ツアー2勝目に「最高の気分」 (13時32分)

青山/柴原V「戦い続けた」 (11時28分)

全豪OP男子予選 16名が本戦へ (9時39分)

全豪女子 日比ら本戦出場者決定 (8時55分)

公式戦15連勝でキャリア9勝目 (7時02分)

1月13日

青山/ 柴原組 開幕戦でペア4勝目 (22時07分)

日比万葉 全豪OP初の本戦入り (20時57分)

【1ポイント速報】日比万葉vsラキモバ (20時40分)

わずか7分で試合終了しV (19時43分)

ダニエル太郎 全豪OP本戦逃す (18時17分)

失セット0で決勝戦に到達 (16時39分)

青山/ 柴原組 開幕戦でV王手 (16時17分)

杉田祐一 陽性から回復を報告 (15時07分)

初の決勝へ コルダ「幸せ」 (14時36分)

サバレンカ 単14連勝で決勝進出 (13時57分)

20歳コルダ、ツアー初の決勝へ (11時36分)

デ ミノー決勝へ ゴファン撃破 (10時29分)

日比万葉、全豪予選決勝に進出 (9時44分)

ダニエル太郎 全豪本戦入り王手 (8時18分)

1月12日

YouTube 綿貫陽介ラケバ公開 (20時31分)

快進撃で4強のコルダ「超満足」 (16時57分)

イズナー 全豪OP欠場を発表 (16時23分)

8度手術経験もツアー初4強へ (14時59分)

好調サッカリ、ケニン破り4強 (14時51分)

大坂 ヴィトンアンバサダー就任 (12時46分)

イズナー撃破 20歳コルダ4強 (11時19分)

新コーチ就任で開幕戦4強へ (10時15分)

全豪予選、日比万葉が2回戦へ (8時57分)

全豪予選 添田と伊藤は初戦敗退 (8時15分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!