- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ルール改定の話し合い求む

ケヴィン・アンダーソン
(左から)ジョコビッチとアンダーソン
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は15日、男子シングルス決勝が行われ、第8シードのK・アンダーソン(南アフリカ)は第12シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に2-6, 2-6, 6-7 (3-7)のストレートで敗れ、四大大会初優勝とはならなかった。

>>ウィンブルドン対戦表<<

アンダーソンは準々決勝で第1シードのR・フェデラー(スイス)に2セットダウンからの大逆転勝ちをおさめると、準決勝では大会史上2番目に長い6時間36分の死闘の末に第9シードのJ・イズナー(アメリカ)を破り、昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に続き2度目の四大大会決勝の舞台へ駒を進めていた。

その死闘の2日後に行われた決勝戦、アンダーソンは第1ゲームでいきなりブレークを許すとジョコビッチに主導権を握られ、一気に2セットダウンの崖っぷちに追い込まれた。

第3セットに入るとアンダーソンは徐々に本来の力を発揮。武器である強打が決まり始め、ジョコビッチから5本のセットポイントを握った。しかし、このチャンスを逃すとタイブレークでは最後リターンがネットにかかり、南アフリカ人男子で初のウィンブルドン制覇とはならなかった。試合時間は2時間19分だった。

試合後の会見でアンダーソンは以下を語った。

「とても辛いスタートだった。これまでの経験を活かそうと思っていた。全米オープンの決勝戦、数日前にフェデラーと戦ったことなど。でも思っていたようなスタートが切れなかった。体はあまりいい状態ではなかった。序盤は、かなり緊張していた。それでも必死に戦い続けた。第3セットはかなりいい感じで、セットを取れるチャンスが何度もあった。次のセットへ持ち込みたかったけど、そうはならなかった」

アンダーソンはイズナーとの死闘を終えたその日に、ファイナルセットはタイブレークを導入すべきと苦言を呈していた。

この日も「少なくとも、話し合いはしてほしい。グランドスラムは他のツアーと違うから、別の見解があってもいい。全米オープンではショットクロックを使用する。僕ら選手には意見が聞かれなかった。何となくそうなると聞かされただけだった」とコメント。

「グランドスラムでもオープンな話し合いをしてほしいと願うだけ。対戦している2人が長い試合で健康を害さないように守るための話し合いは必要だと思う。でも、正直その話し合いがどんな結末を迎えるかは分からない。自分が望むのは、話し合いをしてほしいということだけ」

そう語るアンダーソンは、続けて自身の見解を示した。

「ほとんどの選手はファイナルセットのタイブレーク制に反対はしないだろう。長い試合を戦うという、これまでの歴史を引きずる人はほんの少しなはず。それでもテニスは今後も発展し続けるだろうし、信じられないほどの長い試合はそれに見合う時代と場所があるはず」






■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・フェデラー「最悪の気分」
・錦織 ジョコに脱帽「1番大変」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年7月16日11時08分)

その他のニュース

10月17日

綿貫 チャレンジャー8強ならず (22時32分)

スティーブンス 完敗で姿消す (21時22分)

大ヒットDVDの続編 先行販売 (20時01分)

ジョコ 獲得数でナダル越え (19時06分)

ハレプ棄権「まだ痛みある」 (16時51分)

ムグルサ 次戦は18歳前週女王 (15時56分)

マクラクラン組、接戦落とす (15時15分)

チョン 快勝で初戦突破 (14時16分)

シモン キャリア通算450勝 (12時47分)

キリオス エース25本で勝利 (11時44分)

ツォンガ、8カ月ぶりの勝利 (9時31分)

伊藤竜馬、添田豪が初戦突破 (8時27分)

ダニエル太郎が初戦敗退 (7時44分)

10月16日

大坂なおみ 21歳の誕生日 (20時18分)

地元のイメル 逆転で初戦突破 (19時46分)

ハレプ、クレムリン杯に出場 (19時25分)

綿貫 チャレンジャー初戦突破 (15時48分)

マクドナルドが初戦突破 (15時08分)

マナリノ勝利、連敗ストップ (14時48分)

錦織 最終戦ランク9位へ浮上 (10時53分)

10月15日

ハレプ 年間最終ランク1位確定 (21時48分)

錦織11位へ 日本勢世界ランク (21時11分)

内藤/ 田島組が金メダル獲得 (18時15分)

スティーブンス 最終戦確定 (16時19分)

大坂4位 15日付世界ランク (15時47分)

錦織11位へ TOP10目前 (11時37分)

ジョコ 完全復活に自身も驚き (10時57分)

18歳がツアー初V、香港OP (9時33分)

10月14日

「嬉しい」 今シーズン初V (20時27分)

ジョコ 快勝で上海4度目V (19時19分)

【1ポイント速報】ジョコvsチョリッチ (17時30分)

フェデラー「満足している」 (17時20分)

青山修子、複今季初Vならず (16時27分)

ズベレフ 準決勝敗退も「満足」 (14時19分)

フェデラー撃破「人生で最高」 (14時00分)

ジョコV王手、世界2位確定 (9時51分)

フェデラー「出だし悪かった」 (9時23分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!