- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

藤井 元世界166位に善戦

藤井俊吾
初戦敗退となるも、元世界166位に善戦した藤井
画像提供: tennis365.net
tennis365.netと週刊少年マガジンで連載中のテニス漫画「ベイビーステップ」、そしてスペインのサバデル・テニスクラブが共同開催する「Road To Spain チャレンジカップ2016」の国内代表選手が出場する、男子テニスツアーの下部大会にあたるITFフューチャーズのサバデルオープン(スペイン/サバデル、クレー、賞金総額1万ドル)のシングルス1回戦が行われ、関東代表の藤井俊吾(法政大学)が世界ランク446位で第3シードのP・カチン(アルゼンチン)に0-6, 6-7 (3-7)のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

この試合の第1セットは藤井のサービスでスタート。0−40から追いつくがいきなりブレークを許す。このセットは終始カチン優勢で試合が進み、藤井はカチンのパワーのあるショットを前にミスを重ね0−6でこのセットを落とす。

迎えた第2セット、ファーストゲームで藤井はこの試合初のサービスキープに成功。序盤は両者ともにサービスキープし、試合が展開していく。

第5ゲーム目、藤井はまたも先にブレークを許すもすかさずブレークバックし第3シードに食らいつく。ここから互いにブレークが続くが、第9ゲームで先に藤井がサービズキープし、5−4とこの試合で初めてリードを奪う
。しかしカチンも第3シードの意地を見せつけサービスキープに成功。

両者ともに譲らぬ攻防が続き迎えた第11ゲーム、藤井がカチンにブレークを許しゲームカウント5−6に。万事休すかと思われたが、ここで藤井がもう一度ブレークバック。勝負の行方はタイブレークに。

藤井のキープから始まるも、ここからカチンがもう一段階ギアをあげる。恵まれた体格から繰り出される強打で一気に攻め立て、最後は藤井のリターンがネットにかかり3-7でゲームセットとなった。

粘りを見せた藤井だったが、惜しくも世界ランク入りを果たすことが出来なかった。

試合後、藤井は「普段とは違う相手や環境で序盤は緊張してしまい、思うようなプレーが出来なかった。気持ちを切り替えて第2セットに臨んだが、タイブレークで実力の差を痛感した」と語った。

勝利したカチンは現在世界ランク446位、昨年には自身最高の166位を記録していた。

同日には藤井と瀧本怜央(立命館大学)がペアを組んで出場するダブルス1回戦が行われ、第3シードのM・Fornell=Mestres(スペイン)/ J・Pla malfeito(スペイン)組に1-6, 3-6のストレートで敗れ2回戦進出とはならなかった。



(左から)瀧本と藤井


第1セットは序盤から相手ペアに主導権を握られる展開に。相手ペアの威力のあるストロークと長身を活かしたネットプレーを前に藤井/ 瀧本組は1ゲームしか奪うことが出来ず、このセットを落とす。

迎えた第2セットも0−5とリードされるが、ここから反撃。瀧本のスピンの効いた深いストロークで相手を崩し、藤井のボレーでポイントを重ね、3−5まで追い上げるも最後は相手のサービスエースでゲームセットとなった。

藤井は単複共に初戦敗退となり、藤井のチャレンジはここで幕を閉じた。

一方、関西代表の瀧本は27日に行われるシングルス1回戦で予選から勝ち上がった世界ランク1203位のM・Dijkhuizen(オランダ)と対戦する。

初開催となった2014年は、関東から高畠寛(日本)(立教大学)と関西から竹元佑亮(日本)(関西大学)が挑戦。ドロー抽選の結果、偶然にも1回戦で両者が対戦することになり、竹元が日本人対決を制して自身初となるATPポイントを1ポイント獲得した。

第2回大会は関東から村上彰啓(法政大学)、関西から前川隼(神戸学院大)がスペインに挑戦するも、共に1回戦で敗れてポイント獲得とはならなかった。



■関連ニュース■ 

・藤井、瀧本 本戦迫る
・瀧本、藤井 現地で調整
・藤井、瀧本 スペイン挑戦迫る
(2016年9月27日14時25分)

その他のニュース

9月23日

西岡良仁は第8シードに完敗 (18時22分)

錦織 最終戦ランク9位へ後退 (17時38分)

フェデラーら 勝利の喜び語る (14時46分)

ツォンガ 激闘制し4度目V (12時44分)

好調メドヴェデフ 今季3勝目 (12時14分)

大坂4位 23日付世界ランク (9時04分)

錦織 世界ランク8位、23日付 (8時37分)

フェデラーら欧州チームV3 (4時30分)

9月22日

ナダル 炎症でレーバー杯棄権 (19時26分)

大坂V「何か運命のよう」 (16時37分)

大坂 大阪の思い出は「肉まん」 (15時57分)

メドヴェデフ 熱戦制し決勝へ (15時27分)

大坂に完敗「素晴らしい」 (15時05分)

大坂なおみ「大阪Vは格別」 (14時04分)

大坂なおみ 東レPPO初優勝 (13時21分)

【1ポイント速報】大坂vsパブリュチェンコワ (12時02分)

フェデラーとナダルが勝利 (8時48分)

9月21日

フェデラー/ズベレフが勝利 (20時56分)

大坂「錦織が日本テニス牽引」 (19時02分)

土居/ 日比野組 決勝進出逃す (19時01分)

大坂「落ち着いて試合できた」 (17時19分)

大坂なおみ 3度目の決勝進出 (16時57分)

土居美咲 完敗で4強ならず (15時32分)

プイユ ツォンガとの同胞対決へ (15時08分)

【1ポイント速報】大坂vsメルテンス (14時20分)

【1ポイント速報】土居vsパブリュチェンコワ (14時09分)

大坂なおみ4強 天敵に初勝利 (13時58分)

【1ポイント速報】大坂vsプチンセワ (12時03分)

錦織 楽天OPなど欠場を発表 (7時45分)

9月20日

大坂 準々決勝は翌日へ順延 (20時12分)

イズナーらレーバー杯意気込み (17時42分)

快勝ツォンガ 4年ぶりの8強へ (16時57分)

ハチャノフ破り8強「幸せ」 (14時13分)

メドヴェデフ 快勝で8強入り (12時18分)

第1シードのゴファン 初戦敗退 (11時19分)

錦織 MLBカブス戦で始球式 (11時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!