- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

石津幸恵が女子シングルスで金メダル<ユニバーシアード>

「学生のオリンピック」として知られるユニバーシアード(ロシア/カザン、ハード)のテニス競技は最終日となった16日、女子シングルス決勝が行われ、日本代表の石津幸恵(日本)がS・サンタマリア(アメリカ)を6-3, 7-5で下し優勝、ここまでの6戦で1セットも落とさぬ強さを見せて金メダルを獲得した。

この後行われるミックスダブルス決勝では、第6シードの田川翔太(日本)/ 桑田寛子(日本)組が第1シードのA・クズネツォフ(ロシア)/ E・ヴェスニナ(ロシア)組と金メダルをかけて対戦する。

今大会のテニス競技では、既に女子シングルスの桑田寛子が銅メダルを獲得している。その桑田は女子シングルス準決勝でサンタマリアにストレートで敗れていた。

大会序盤では日本勢が負けなしの活躍を見せており、メダル獲得とはならなかったが、男子シングルスとダブルス、女子ダブルスでも好成績を収めている。

男子シングルスでは、第6シードの片山翔(日本)、第7シードの仁木拓人(日本)がそれぞれ4回戦で敗れベスト16、男子ダブルスでは、第5シードの片山翔/ 田川翔太組は準々決勝もベラルーシペアに敗れベスト8で、健闘むなしくメダル獲得とはならなかった。

女子ダブルスでは、第5シードの石津幸恵/ 田中優季(日本)組が準々決勝に進出するも第2シードのタイペアに大接戦で敗れベスト8、メダルまであと一歩のところだった。

【ユニバーシアード2013特集はコチラ】

今年で第27回となったユニバーシアードは世界170カ国からの学生が集まりメダル獲得を競う。大会期間は6日から17日までの12日間で、全27種目が行われる。

選手の出場資格は、大会開催年の1月1日の時点で17歳以上28歳未満である事と、大会開催年に大学または大学院に在籍している、もしくは大会開催前年に大学を卒業または大学院を修了している事である。

ユニバーシアードでは、ベルトレスリング、7人制ラグビー、サンボ、シンクロナイズドスイミング、ボクシングの5種目は、今年初めて行われる。開催国であるロシア代表チームは、全種目に参加している。

テニス日本代表チームは前回の2011年大会(中国/シンセン)で、女子ダブルスの青山修子(日本)/ 高畑寿弥(日本)組が金メダル、混合ダブルスの仁木拓人/ 青山修子組が銅メダル、女子団体で青山修子・高畑寿弥・石津幸恵・桑田寛子が銀メダルを獲得している。

■テニス日本代表チーム■

【男子代表選手】
志賀正人(日本)(慶應義塾大学)
田川翔太(早稲田大学)
片山翔(プロフェッショナル)
仁木拓人(プロフェッショナル)

【女子代表選手】
石津幸恵(筑波大学/プロフェッショナル)
桑田寛子(早稲田大学)
田中優季(プロフェッショナル)
西本恵(日本)(慶應義塾大学)

【監督・コーチ】
総監督:右近憲三
男子監督:宮地弘太郎
女子監督:道上静香
男子コーチ:三好勲(日本)
女子コーチ:細木祐子
トレーナー:安田忍

■関連記事■

《男女で複数のメダルを獲りたい<ユニバーシアード>》

《石津幸恵が活躍、田川/桑田も金メダルに王手<ユニバーシアード>》

《快進撃続く日本勢、単男女共にベスト8<ユニバーシアード>》

《メダル獲得へ好発進、男女4選手が3回戦へ<ユニバーシアード>》

(2013年7月16日16時53分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!