- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ウィリアムズ姉妹が地元で圧倒的な強さ発揮◇全米オープン

テニスのグランドスラム、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は28日、女子シングルス1回戦が行われ、第4シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)がアーサーアッシュ・スタジアムの最後の試合に登場しC・バンデウェイ(アメリカ)と対戦。6-1, 6-1と危なげなく勝利を飾り、2008年以来4回目の優勝へ好調な滑り出しを見せた。

セリーナのサービスゲームで始まったこの試合、第2ゲームでバンデウェイは3本のダブルフォルトを犯すなどセリーナにブレークを献上。

出だしからセリーナは4ゲームを連取するが、第5ゲームでバンデウェイに初めてブレークを奪われ、反撃される。

しかし、好調なセリーナは続くバンデウェイのサービスゲームを再びブレークし、ゲームカウント5−1とリードすると、サービング・フォー・ザ・セットをしっかりキープ。わずか1ゲームしかバンデウェイに許さず第1セットを先取した。

第2セットの第1ゲームでバンデウェイがこの試合初めて自身のサービスゲームをキープし、幸先の良いスタートを切った。

しかし、このセットで75パーセントの確率で自身のサービスゲームでポイントを獲得したセリーナは、バンデウェイに1度もブレークポイントを握らせなかった。第3ゲーム、第5ゲームでブレークを奪ったセリーナは、一気にゲームカウント5−1と勝利に王手を掛けた。

続くバンデウェイのサービスゲームで15−40とマッチポイントをセリーナが握り、最後バンデウェイが痛恨のダブルフォルトを犯しゲームセット。セリーナはわずか55分の快勝でバンデウェイを退けた。

「風がとても強くて、試合はとても変だった。自分のテニスが思うように出来なかったし、彼女も自分のテニスが出来ていないようだった。自分のテニスがどうだったか評価するには良い状態の試合じゃなかったと思う。」と、快勝ながら満足のいくプレーではなかった事を明かしたセリーナ。

セリーナはM・ルチッチを6-3, 7-5のストレートで下したMJ・マルチネス=サンチェス(スペイン)と2回戦を行う。

一方、元世界ランク1位のV・ウィリアムズ(アメリカ)がB・マテックとの地元アメリカ勢対決を6-3, 6-1で制し、2回戦へ駒を進めた。

第1セットの第1ゲームでいきなりブレークを奪われたヴィーナスは、ゲームカウント0−2とマテックにリードされる。

その後ヴィーナスは第4ゲームでマテックからラブゲームでブレークバックに成功すると、1ポイントもマテックに与えず4ゲーム連取、ゲームカウント5−2とリードを広げた。ゲームカウント5−3、第9ゲームをサービスキープしたヴィーナスが第1セットを先取した。

第2セット、第1ゲームをサービスキープしたマテックだったが、その後はヴィーナスの勢いを止められなかった。

それから6ゲームを連取する猛攻を見せたヴィーナスは、わずか62分で同胞対決を制して2回戦へ進んだ。

「出だしの2ゲームは正しいプレーが出来なかった。彼女(マテック)も良いショットや良いサーブを打っていた。自分のテニスではサーブが重要。ファーストサーブを入れる事も必要。大切なポイントでは、サーブが助けてくれると思っている。時にはサーブばかり気を取られて他の部分を忘れてしまう事もある。だからバランスが重要なの。自分にとっては良いサーブが入ると、他の部分も輝いて来るもの。」とヴィーナスは自分のテニスを分析していた。

昨シーズンは怪我や病気に悩まされたヴィーナスは「最初はちょっと緊張していた。苦しかった昨年から、またこうしてこの大会へ戻って来れたから。それはとても大きな事。こうしてコートに立って大勢の観客の前に戻って来れた事は、本当に素晴らしい。試合に勝つのは楽しい。だからここでも試合に勝ちたい。それが何よりの楽しみだし、今のゴールなの。」と、大会への想いと今の目標を語っていた。

ヴィーナスはA・ケタボング(英国)を6-2, 6-0の圧勝で下した第6シードのA・ケルバー(ドイツ)と2回戦を行う。

この日行われた試合結果は以下の通り。

A・ラドワンスカ(ポーランド) (2) ○-× N・ブラチコワ(ロシア), 6-1, 6-1
S・ウィリアムズ (4) ○-× C・バンデウェイ, 6-1, 6-1
A・ケルバー (6) ○-× A・ケタボング, 6-2, 6-0
I・C・ベグ(ルーマニア) ○-× C・ウォズニアキ(デンマーク) (8), 6-2, 6-2
S・エラーニ(イタリア) (10) ○-× G・ムグルザ, 6-3, 6-7 (6-8), 6-1
A・イバノビッチ(セルビア) (12) ○-× E・スイトリナ(ウクライナ), 6-3, 6-2
D・チブルコワ(スロバキア) (13) ○-× J・ラーソン(スウェーデン), 6-7 (5-7), 6-2, 6-0
M・キリレンコ(ロシア) (14) ○-× C・シーパース(南アフリカ), 6-2, 6-1
R・ビンチ(イタリア) (20) ○-× U・ラドワンスカ(ポーランド), 6-1, 6-1
K・ベルテンス(オランダ) ○-× C・マーケイル(アメリカ) (21), 6-4, 4-6, 6-3
S・スティーブンス(アメリカ) ○-× F・スキアボーネ(イタリア) (22), 6-3, 3-6, 4-3
A・フラヴァコバ(チェコ共和国) ○-× K・ザコパロバ(チェコ共和国) (24), 6-4, 6-4
森田あゆみ(日本) ○-× M・ニクルスク(ルーマニア) (26), 6-3, 6-3
O・ゴヴォルツォバ(ベラルーシ) ○-× T・パスゼック(オーストリア) (29), 6-3, 6-4
J・ヤンコビッチ(セルビア) (30) ○-× K・ボンダレンコ(ウクライナ), 6-1, 6-2
E・ヴェスニナ(ロシア) ○-× S・ポン(中国) (32), 7-6 (7-5), 6-1
L・アルアバレナ(スペイン)=ベチノ ○-× S・ペア(イスラエル), 6-4, 7-6 (7-5)
V・ドゥシェヴィナ(ロシア) ○-× N・ボルネット(イタリア), 6-0, 6-3
J・コンタ(英国) ○-× T・バボス(ハンガリー), 6-2, 7-5
O・ポクコワ(ロシア) ○-× I・ファルコーニ(アメリカ), 7-6 (7-5), 6-7 (2-7), 6-3
S・ソレル=エスピノーサ(スペイン) ○-× A・クドリャフツェワ(ロシア), 6-3, 6-2
T・マレック ○-× A・アマンムラドワ(ウズベキスタン), 4-6, 6-2, 6-4
V・ウィリアムズ ○-× B・マテック, 6-3, 6-1
E・マカロバ(ロシア) ○-× E・ダニリドー(ギリシア), 6-1, 6-4
C・スアレス・ナバロ(スペイン) ○-× K・ペルバク(カザフスタン), 7-5, 1-2, 途中棄権
G・ウォスコボエワ(カザフスタン) ○-× A・ルス(オランダ), 6-1, 6-3
S・アービッドソン(スウェーデン) ○-× クルム伊達公子(日本), 6-4, 6-2
B・ヨバノフスキ(セルビア) ○-× M・バーテル(ドイツ), 4-6, 7-5, 6-2
Y・シュウェドワ(カザフスタン) ○-× V・キング(アメリカ), 6-4, 6-2
T・ピロンコバ(ブルガリア) ○-× C・ジョルジ(イタリア), 6-3, 6-4
G・アーン(ハンガリー) ○-× A・サバイ(ハンガリー), 6-4, 3-2, 途中棄権
MJ・マルチネス=サンチェス ○-× M・ルチッチ, 6-3, 7-5

(翻訳/弓削忠則)

(2012年8月29日14時03分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月23日

チチパス初戦突破「楽しめた」 (14時29分)

WTAもう1つの最終戦が開幕 (12時21分)

23歳チョン ラオニッチ破る (11時38分)

ティーム ツォンガ破り2回戦へ (9時15分)

ズベレフ撃破「気分良い」 (8時25分)

10月22日

錦織8位 日本勢の世界ランク (16時36分)

最終戦ランク 錦織は今季終了 (15時12分)

ディミトロフ 勝利数300達成 (13時56分)

デ杯 日本代表メンバー発表 (11時17分)

フェデラー わずか52分で勝利 (10時50分)

錦織 右ひじ手術で今季終了へ (10時27分)

10月21日

今季初V 昨年覇者に快勝 (21時25分)

今季2勝目「重圧なかった」 (20時50分)

青山/ 柴原組 2週連続V (18時58分)

西岡 バーゼル本戦入りならず (17時49分)

ナダル 故郷マヨルカで結婚式 (17時00分)

ルブレフ 誕生日に地元でV (15時39分)

ティーム 初戦ツォンガと激突 (14時32分)

バイン氏 今季で関係解消へ (13時10分)

大坂3位 21日付の世界ランク (11時22分)

錦織 世界ランク8位へ浮上 (9時31分)

マレー復活「最大の勝利」 (8時40分)

20歳シャポバロフ 悲願の初V (7時30分)

元王者マレー復帰後ツアー初V (1時49分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (1時41分)

10月20日

内山靖崇 寧波チャレンジャーV (17時56分)

杉田祐一 敗退も4強に手応え (17時39分)

10代ペアが今季2勝目 (14時52分)

ワウリンカ「自信ついた」 (14時52分)

杉田を撃破「大変だった」 (11時47分)

マレー ワウリンカとの決勝へ (11時42分)

WTA最終戦 最後の1人確定 (11時39分)

ルブレフ「とてつもなく幸せ」 (11時34分)

マレー決勝へ 復帰後初V王手 (2時37分)

杉田祐一 決勝進出ならず (2時01分)

【1ポイント速報】杉田vsシャポバロフ (1時58分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!