- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

29歳リーがアジア勢初の快挙◇全仏オープン

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、賞金総額1752万ユーロ、クレー)は大会14日目の4日、女子シングルス決勝が行われ、第6シードのN・リー(中国)が第5シードのF・スキアボーネ(イタリア)を6-4, 7-6 (7-0)で破り、自身初となるグランドスラムタイトルと優勝賞金120万ユーロを手に入れた。

今大会でリーは、4回戦でP・クヴィトバ(チェコ共和国)、準々決勝でV・アザレンカ(ベラルーシ)、そして準決勝ではM・シャラポワ(ロシア)という強敵を打ち破り、全豪オープンに続いて2大会連続となるメジャー決勝進出を果たしていた。

昨年の3回戦でリーとスキアボーネが対戦したときは、スキアボーネがストレートで勝利していたが、この日はリーのグラウンドストロークが冴え渡り、第1セット第5ゲームでリーが最初のブレークに成功すると、そのリードを生かして39分でセットを先取する。

勢いに乗るリーは、第2セットのオープニングゲームでブレークに成功すると、2−0、3−1、4−2と優位のまま試合を展開していく。しかし、ここからディフェンディング・チャンピオンであるスキアボーネが3ゲームを連取すると、ゲームカウント5−4と逆にリードを奪う。

試合はそのまま両者ともに決定的なリードを奪うことなくタイブレークに突入、タイブレークでは積極的なストロークとスキアボーネのミスでリーが一気に7ポイントを連取、1時間48分でメジャー初優勝を決めた。

マッチポイントではスキアボーネのバックハンドがアウト、優勝が決まった瞬間、リーはコートに背中から倒れこみ喜びを爆発させた。

「フランチェスカはトップスピンやスライスが上手なクレーコートプレイヤーですから、自分のプレーに集中して彼女を走らせるようにしました。」とリー。「彼女はトップ選手ですから、何が起きるか分かりません。彼女が追いついてきて、タイブレークに入ったとき、自分のチャンスだと言い聞かせました。」

さらにリーは「この大会の前、私はクレーコートで良いプレーが出来ないと言われていました。今では、彼らも意見を変えてくれると思います。」と、ジョークを交えて喜びを語っている。

これまでに中国勢からは、スン・ティエンティエン(中国)ヤン・ツー(中国)、そして鄭潔(中国)らがグランドスラムのダブルスでタイトルを獲得しているが、シングルスでは男女を通じてアジア初の快挙となる。また、この優勝により、来週発表される世界ランキングでリーはクルム伊達公子(日本)の持つアジア記録である4位に並ぶこととなる。

また29歳のリーは、史上5番目に年長での初のグランドスラム優勝を果たしたことになる。また両者併せて60歳と79日のリーとスキアボーネのグランドスラム決勝は、史上5番目の年長者同士の対戦となった。

1990年のウィンブルドンでのM・ナブラチロワ(アメリカ)以来となる、30代でのメジャー優勝に届かなかったスキアボーネは「今日は本当にタフでしたが、彼女におめでとうと言わなくてはなりません。彼女は今シーズン、本当に成長しましたし、今日も本当に良いプレーでした。彼女には、この素晴らしい瞬間を楽しんで欲しいです。自分にもチャンスはありましたし、第2セットでは良いプレーも出来ました。しかし、彼女は本当に優勝にふさわしいプレーでした。」と、チャンピオンを称えた。

(2011年6月5日3時06分)

その他のニュース

6月16日

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

6月13日

クヴィトバ けが癒えず欠場 (19時11分)

マクドナルド 手術成功を報告 (18時45分)

デ ミノー初戦突破で8強へ (16時48分)

ラオニッチ 激闘制し8強入り (13時19分)

サーフェス変更もシード撃破 (12時04分)

圧巻29秒キープも初戦敗退 (11時12分)

マレー、シングルス復帰へ希望 (10時44分)

マレー 復帰へ向け会場で練習 (7時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!