- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

決勝はサバイ対ザーロバ・ストリツォバ◇ECMプラハ・オープン

女子テニスツアーのECMプラハ・オープン(チェコ共和国/プラハ、賞金総額22万ドル、クレー)は土曜日に準決勝を行い、第7シードのA・サバイ(ハンガリー)が地元期待のL・フラデカ(チェコ共和国)を6-2, 6-4のストレートで下し、見事、決勝進出を決めた。試合時間は1時間20分だった。

フラデカは第1サーブを92%の確率で決めたが、サバイはリターンが絶好調で8度のブレークを記録すると、フラデカをストレートで下した。

先週、地元のブダペストの大会で優勝を飾り、現在9連勝中のサバイは、決勝で第8シードのB・ザーロバ・ストリツォバ(チェコ共和国)と対戦する。今回、WTAツアーで初の決勝進出を決めた24歳のザーロバ・ストリツォバは、準決勝でベテランのP・シュニーダー(スイス)を6-2, 6-0で一蹴しての決勝進出。

シュニーダー戦で8本のブレークポイントのうち5本をものにしたザーロバ・ストリツォバは、試合後「パティはほとんどエラーのないテニスだった。ペースはゆっくりだけど頭のよいテニスを展開していた。だから私は我慢強くプレーをしたの。それが功を奏したわ。」と振り返った。

元トップ10ランカーのシュニーダーはクレーを得意としており、先週のブダペストの大会では準優勝、今大会でもベスト4入りを果たしていたが、準決勝ではザーロバ・ストリツォバの若さの前に惨敗を喫した。

サバイとザーロバ・ストリツォバの対戦は今回の決勝が初めてとなる。サバイはダブルスでもM・ニクルスク(ルーマニア)と組んで決勝に進んでいる。土曜日の準決勝ではE・チェハルビッチ(ベラルーシ)T・プーチェック(ベラルーシ)組を倒しており、決勝ではT・バシンスキー(スイス)T・ガルビン(イタリア)組と対戦する。バシンスキー/ガルビン組は先週のブダペストの大会で優勝しており、2大会連続優勝をねらう。

今大会の優勝賞金は3万7000ドル。

(2010年7月18日9時59分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!