- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ウォズニアキが辛勝で3回戦へ 伊達は敗退◇BNPパリバ・オープン女子

女子テニスツアーのBNPパリバ・オープン女子(アメリカ/インディアンウェルズ、賞金総額450万ドル、ハード)は金曜日に2回戦を行い、第2シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)がノーシードのV・キング(アメリカ)を5-7, 6-2, 6-4の逆転で下し、3回戦進出を決めた。試合時間は2時間28分だった。

19歳のウォズニアキは第1セットを5−7で落としてしまうと、第2セットも0−2とリードされてしまう。しかし第3、5、7ゲームでサービスブレークに成功し、同セットを6−2で奪い返す。

天王山の最終セット、キングは強烈なストロークと時おり見せるドロップショットでウォズニアキを翻弄すると、第4ゲームでブレークに成功、3−1とリードする。第5ゲームでキープに成功したキングは、そのまま4−1とリードを重ねる。

1−4と大きくリードされてしまったウォズニアキだったが、得意の粘り強いプレーで第7、9ゲームと続けてブレークに成功し第2シードの意地をみせると、逆転で5−4とリード。最後はキングのバックハンドがベースラインを割り、大逆転で接戦に終止符を打った。

試合後、コートサイドのインタビューでウォズニアキは「すべてのポイントを奪いにいった。彼女(キング)はとってもとってもいいプレーをしていた。タフな試合だったけど、勝ててうれしい。」とほっとした様子で語った。

また逆転の戦略を聞かれて「(1−4とリードされた際に)彼女が勝つまでまだ8ポイントもある、と考え続けた。コートに立っている限りは走って戦い続けるわ。」と世界4位の貫録をみせた。

キングはこれまでトップ10選手に勝ったことがなく、今回も惜しいところで大金星を逃してしまった。

日本勢で唯一本戦インを果たしていた期待のクルム伊達公子(日本)は第15シードのF・スキアボーネ(イタリア)と対戦、第2セットは4−4まで粘ったものの最後は押し切られ、3-6, 4-6で敗退、会場を去ることになった。

その他の試合では第4シードのE・デメンティエワ(ロシア)O・ゴヴォルツォバ(ベラルーシ), 6-4, 4-6, 6-0で振り切った。また第5シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)A・チャクエタゼ(ロシア)と対戦、6-2, 5-3とリードした時点でチャクエタゼが棄権したため勝利した。全豪でベスト4入りを果たした第18シードの鄭潔(中国)S・シルステア(ルーマニア)を6-3, 7-5のストレートで下し、順調に3回戦進出を決めている。

残りの試合結果は以下の通り。シード勢が相次いで敗退するという混戦模様を呈している。

E・バルタチャ(英国) ○-× N・リー(中国) (7), 7-6 (10-8), 2-6, 7-6 (9-7)
M・シャラポワ(ロシア) (10) ○-× V・ドゥシェヴィナ(ロシア), 4-6, 7-5, 6-2
M・バルトリ(フランス) (11) ○-× P・エルコグ(スロベニア), 6-4, 6-2
N・ペトロワ(ロシア) (16) ○-× P・シュニーダー(スイス), 6-3, 5-7, 6-4
A・レザイ(フランス) (19) ○-× T・タナスガーン(タイ), 6-4, 7-5
S・ポン(中国) ○-× A・ボンダレンコ(ウクライナ) (20), 6-1, 6-4
J・クレイバス(アメリカ) ○-× S・リシキ(ドイツ) (22), 4-6, 7-5, 2-0, 途中棄権
A・モリック(オーストラリア) ○-× A・メディーナ=ガリゲス(スペイン) (29), 6-4, 5-7, 7-6 (7-3)
K・フリッペンス(ベルギー) ○-× A・ウズニアッキ(カナダ) (30), 6-1, 6-2
G・ドゥルコ(アルゼンチン) (31) ○-× J・エナン(ベルギー), 6-2, 1-6, 6-4
M・キリレンコ(ロシア) (32) ○-× V・ラッツァーノ(フランス), 7-5, 6-3

今大会の優勝賞金は70万ドル。

(2010年3月13日13時07分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!