- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

中村、奈良が女子準々決勝に登場◇全日本テニス5日目

(日本、東京)

第82回ニッケ全日本テニス選手権は大会5日目の15日、女子シングルス準々決勝が行われ、第1シードの中村藍子(日本)、15歳の奈良くるみ(日本)がベスト4進出を目指して登場する。

中村は、第10シードの浜村夏美(日本)と対戦する。2004年、2006年に決勝に進出した中村は、大会冠スポンサーのニッケ所属として、悲願の初優勝を狙う。
一方、23歳の浜村は今季長野と群馬のサーキット大会で2度の準優勝を果たすなど好調で、世界ランクも昨年末の470位から自己最高の224位に上昇させている。

今年の世界スーパージュニアのシングルスを制した奈良は、2回戦で昨年覇者の高雄恵利加(日本)を、3回戦で一昨年準優勝の米村知子(日本)を破って、初のベスト8に進出してきた。準々決勝では、第4シードの波形純理(日本)に挑戦する。

その他の試合では、昨年ベスト4で第6シードの瀬間友里加(日本)が、3回戦で森田あゆみ(日本)を破った2001年覇者の第15シード藤原里華(日本)と対戦する。また、1998年準優勝で第8シードの岡本聖子(日本)高岸知代(日本)と顔を合わせる。高岸は、3回戦で第1シードの森上亜希子(日本)が棄権して勝ちあがった。

ダブルスでは、上位8シード中の6ペアが登場する。勝ち残っている中で最上位となる第2シードの飯島久美子(日本)/岡本聖子組は、2回戦で奈良くるみ/土居美咲(日本)組を下した第8シードの高岸知代/手塚玲美(日本)組を迎え撃つ。

また、今季サーキット1勝を収めている同士、昨年準優勝で第4シードの浜村夏美/前川綾香(日本)組と、第6シードの瀬間詠里花(日本)/瀬間友里加組が激突する。

その他では、第3シードの波形純理/藤原里華組が猪野玲子(日本)/平知子(日本)組と、第5シードの新井麻葵(日本)/米村知子組が川床萌/富山愛(日本)組と対戦する。

混合ダブルスは準決勝を行い、2005年優勝ペアで第1シードの佐藤博康(日本)/岡本聖子組が、昨年優勝ペアで第3シードの黎明(アメリカ)/米村知子組と激突。また、第2シードの加藤季温(日本)/波形純理組という北日本物産ペアが、第4シードの宮尾祥慈(日本)/瀬間詠里花組を迎え撃つ。

(2007年11月15日7時45分)
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!