- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

テニス四大大会5勝のヒンギス、コカイン陽性で引退表明

(スイス、チューリッヒ)

元世界ランク1位で、4大大会5勝を誇るM・ヒンギス(スイス)が木曜日、記者会見を行い、今年のウィンブルドン期間中に行われたドーピング検査でコカインの陽性反応が出たことを明かし、同時にツアーからの現役引退を表明した。

ヒンギスは、「このような結果が出て、罪に問われることは余りにも無茶苦茶で、ぞっとするほどの憤りを感じたので、こうして公にすることにしました。今は不満に満ち、怒りで一杯です。」と、感情を露わにして話し始めた。「この先何年間もドーピング機関と争うことに時間を費やそうとは思っていません。こんなに怒りがこみ上げてきているのは、ただ100%無実だからです。そして、このような罪を着せられたことで、今後ツアーで戦って行く気持ちを喪失しました。」と、自身の潔白を主張すると共に、ツアーからの引退も明らかにした。

WTAの最高責任者であるラリー・スコット氏は、そのような事実は把握していないと言う。「WTAとしては彼女(ヒンギス)が発言した薬物陽性反応が出たと言う公式な報告は全く受けていない。このような状況下ではその件に関してコメントはできない。ドーピングという問題では、はっきりした結果が出るまでは選手は皆潔白であると信じることが大切。WTA自体はスポーツがドーピングに犯されることに全く反対しているし、正確かつ幅広い活動をしているテニス・アンチ・ドーピング・プログラムをフルにサポートしており、テニス界を薬物汚染から避けようとしているのが現状だ。」とコメントした。

スコット氏は「ヒンギスは素晴らしいチャンピオンで、世界各国にファンがいる人気選手である。彼女の引退表明を尊重する。彼女は復帰後も、今もテニスツアーで最も高いレベルにいられることを証明していた。」と続けた。

ヒンギスがドーピング検査を受けたのは、ウィンブルドン3回戦でL・グランビル(アメリカ)に敗れた後で、その後はUSオープンを含む夏のアメリカ・ハードコート大会に参戦。そして、2回戦で敗退した9月の北京が最後の大会となった。現在世界ランク19位のヒンギスは、北京の大会を最後に、左臀部の怪我を理由に今季のプレーを終了していた。

27歳のヒンギスは、通算43個のシングルス・タイトルを獲得した。生涯獲得賞金は2013万657ドルにも上り、548勝133敗のシングルス成績に加え、ダブルスでも37タイトルと獲得し286勝54敗の成績を残している。そのうち3個のシングルス優勝は、2006年に復帰後に獲得したもので、昨年は『WTA Comeback Of The Year』にも輝いていた。ヒンギスはこれが自身2度目の引退表明で、足首の怪我に悩まされたで2003年に一度ツアーから引退していた。

ヒンギスは、テニス界の伝説と言われるM・ナブラチロワ(アメリカ)と同じ『マルチナ』という名前を授かり、2歳からコーチでもある母親の下でテニスを始めた。1994年に地元スイスでツアー・デビューを果たし、その年の全てのグランドスラム本戦に出場し、早くから才能を見せ付けた。

1996年には、ローマで当時世界ランク1位のS・グラーフに初めて勝利して注目を集め、フィルデルシュタッドでツアー初優勝を飾ってトップ10入りを果たした。翌97年は更なる大躍進を遂げ、シーズン始めから37連勝を記録し、12タイトルを獲得。念願のランキング1位の座にも就き、『Payer Of The Year』を受賞した。同時に16歳3ヶ月26日で全豪オープンを制し、20世紀で最年少グランドスラム・チャンピオンとなった。全豪オープンではその後3連覇を成し遂げた。

97年はウィンブルドンとUSオープンでも優勝を飾ったが、同年4月に痛めた膝の怪我で2ヶ月間のツアー離脱も余儀なくされるシーズンでもあった。その後80週連続ランキング1位に君臨していたが、1998年にその座をL・ダベンポート(アメリカ)に明け渡した。

しかし、2000年には20大会中18大会でベスト4以上の成績を収め、9大会で優勝する活躍を見せ、再び世界ランク1位の座に返り咲いた。2001年にはJ・カプリアティ(アメリカ)にその座を明け渡したが、合計して209週間も女王の座に君臨していた。

(2007年11月2日14時55分)
その他のニュース

11月21日

錦織22位 日本勢世界ランク (7時59分)

11月20日

穂積絵莉コラボジュエリー発売 (22時02分)

元世界2位ノボトナ死去 (20時32分)

快進撃ソックがキャリアハイ (19時42分)

マクラクラン/内山組が最高位 (17時53分)

準Vゴファン「誇りに思う」 (16時54分)

最終戦Vに涙 苦しい時期明かす (15時23分)

ベッカム ATP最終戦を観戦 (12時47分)

初Vディミトロフ 世界3位へ (11時32分)

ゴファン 今季は「最高だった」 (10時38分)

ディミトロフ「本当に光栄」 (7時52分)

ディミトロフ 最終戦初V (5時46分)

【1ポイント速報】ATP最終戦決勝 (5時45分)

最終戦複 第2シード組が2連覇 (2時28分)

第1シード 圧勝でタイトル獲得 (0時33分)

前週のリベンジ果たしV (0時07分)

11月19日

コキナキスが全豪WCを獲得 (22時51分)

パリから快進撃ソックは敗退 (20時18分)

NB大会男子 新井祥生がV (19時00分)

BIG4いない決勝は8年ぶり (17時01分)

NB決勝女子 小林と五十嵐が決勝 (16時24分)

ATPファイナルズ最終日の日程 (15時30分)

フェデラー戦は人生最高の勝利 (14時34分)

世界3位確定のディミトロフ (11時59分)

フェデラー 錦織ら復帰に期待 (10時51分)

フェデラー 有終の美ならず (9時25分)

ゴファン、フェデラー下し決勝へ (8時27分)

ディミトロフ 最終戦初V王手 (7時12分)

【1ポイント速報】最終戦 7日目 (7時11分)

波形純理、豊田CH複V (3時06分)

逆転勝ちでエブデンが決勝へ (2時17分)

フェデラー 逆転負けで決勝逃す (1時01分)

11月18日

フェデラー 4強の選手に連勝中 (17時48分)

フェデラー戦に迷いのゴファン (16時17分)

準決勝 ディミトロフvsソック (15時14分)

ディミトロフ 好調ソック警戒 (13時44分)

現地生観戦 全豪OPチケット手配 (12時15分)

マレー イベントの1億円寄付 (11時24分)

ジョコやマレーの復帰を警戒 (10時37分)

マレーとレンドル 2度目の終了 (9時24分)

ATP最終戦プログラムをゲット (7時45分)

マレー以来 初出場で予選全勝 (7時09分)

ディミトロフ 圧勝で準決勝へ (6時15分)

【1ポイント速報】最終戦 6日目 (6時14分)

第2シードのエブデンが4強 (2時36分)

波形純理 第2シード破り4強 (2時01分)

ゴファン4強 最後の1枠へ (0時24分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!