- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

アガシ、初戦突破に感極まる

(アメリカ、ニューヨーク州フラッシング)

今回が21年連続の、そして最後のUSオープン出場となるA・アガシ(アメリカ)は、初日の月曜日A・パベル(ルーマニア)と対戦し、大接戦を制して2回戦進出を決めたが、その日は一日中、そして試合の間もずっと込みあがる感情を抑えるのが精いっぱいだったと話した。
第1セットのタイブレークを落としたとき、会場があまりの落胆で静まり返ったが、「あの静けさは、どんな声援よりも大きく聞こえた。」と、ファンの鼓動を感ぜずにはいられなかったようだ。

アガシ戦の直前には、同会場をB・J・キング・ナショナル・テニス・センターと命名するセレモニーが行われ、J・マッケンロー(アメリカ)V・ウィリアムズ(アメリカ)J・コナーズ(アメリカ)C・エバート(アメリカ)らとともに超満員のファンからキング夫人は祝福を受けた。
そのようなお祭りムードが極まる中でセンターコートに現れたアガシだが、この二人にはいくつかの共通点がある。その最たるものは、なんといってもファンとの交流を大切にするエンターテイナー精神と、それを通じてテニスをここまで普及する原動力となったことである。

パベルとの試合は6-7 (4), 7-6(8), 7-6 (6), 6-2の3時間半に及ぶ大接戦となったが、マッチポイントを迎えサーブの体制に入ったとき、アガシはこみ上げる涙を抑え切れなかった。
「2万人強のファンが総立ちになっているなかでマッチポイントを取りに行ったなんて、長いテニス人生でも初めてだ。あんなに皆が僕を応援してくれるなんて。」と、感無量でアガシは語った。
「USオープン初日のナイトセッションを飾るのでさえとても名誉のあることなのに、しかも今日はビリー・ジーンの命名式もあって、とにかく特別な一日だった。世の中には幅広い活動をする人もいれば、幅広く指導的立場に立つ人もいる。彼女の場合はその両方で、その彼女の祝福に自分も参加できたことがとても嬉しい。」と、キング夫人への敬意も払った。

さて、次の2回戦はタフな試合になりそうである。対戦相手は全豪オープン準優勝以来大活躍の第8シードM・バグダティス(キプロス)である。勝てばキャリア通算870勝目となる。

(2006年8月30日10時28分)
その他のニュース

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

10月13日

メドヴェデフ マスターズ2勝目 (23時17分)

メドヴェデフ 上海マスターズV (18時59分)

【1ポイント速報】メドヴェデフvsズベレフ (18時55分)

鉄人メドヴェデフ 次週も出場へ (15時31分)

ダルシスが引退計画を発表 (14時43分)

決勝へ「勢いを維持したい」 (13時30分)

快勝の15歳ガウフ 初Vに王手 (12時23分)

西岡良仁、初戦はアルボット (10時48分)

ズベレフ決勝へ「良い感じ」 (8時44分)

チチパス敗退「いい感触だった」 (7時04分)

10月12日

ズベレフ 上海マスターズ決勝へ (22時26分)

【1ポイント速報】準決勝2試合 (22時10分)

メドヴェデフ 6大会連続決勝へ (19時25分)

ケルバーとシャラポワが欠場 (16時00分)

15歳ガウフ、ベルテンス破り4強 (14時34分)

日比野/加藤組が決勝へ進出 (12時56分)

ティーム破りATP1000初4強 (11時29分)

4強へ「前だけを見ている」 (9時59分)

ジョコ撃破「難しかった」 (8時31分)

ジョコ「勝者にふさわしい」 (7時12分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!