ジョコvsマレー 実現の可能性

ゲッティイメージズ
ジョコビッチとマレー
画像提供:ゲッティイメージズ

19日に開幕する男子テニスのゴーネット・ジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーブ、レッドクレー、ATP250)は17日、シングルスの組み合わせを公開。第1シードにはワイルドカード(主催者推薦)で出場する世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)が入っており、初戦となる2回戦で同77位のA・マレー(イギリス)と対戦する可能性がある。

>>ジョコビッチ、マレーらゴーネット・ジュネーブOP組合せ<<

>>ダニエル 太郎vsシャザール 1ポイント速報<<

上位4シードは1回戦免除のためジョコビッチは2回戦からの登場。初戦は世界ランク59位のY・ハンフマン(ドイツ)と同77位のマレーの勝者と対戦することとなる。

仮にマレーが勝ち上がった場合、37度目の顔合わせとなる。直近の対戦は2022年のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)3回戦であったが、この時はマレーが試合前に棄権しており戦わずして決着。最後にコートを共にしたのは2017年のカタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ、 ハード、ATP250)決勝であり、ジョコビッチが6-3, 5-7, 6-4のフルセットで勝利をおさめ優勝を飾っている。

36歳のジョコビッチは26日に開幕する全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)出場のため前週のツアーに参戦することは多くなかったが、今季はマッチ12勝5敗と苦戦しており、参加を決めた。今大会へは初出場となる。

一方、37歳のマレーは3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)3回戦で足首の靭帯を負傷。現在行われているBNPパリバ・プリムローズ(フランス/ボルドー、クレー、ATPチャレンジャー)で復帰するも2回戦で敗れている。今大会は初参戦となる。

互いに調子が上がらないもの同士の対決が実現するのか。マレーの初戦にも注目が集まる。

なお、今大会の第2シードはC・ルード(ノルウェー)、第3シードはT・フリッツ(アメリカ)、第4シードはB・シェルトン(アメリカ)


【ディアドラ】この夏「必ず」手に入れたいアイテム登場!
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・ジョコ 全仏OP前週の大会参戦
・ジョコ敗戦 ボトル直撃の影響は?
・ジョコ敗北で世界1位争いが混沌

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年5月18日16時32分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)