ルバキナ、マッチ11連勝で8強

ゲッティイメージズ
エレナ・ルバキナ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)は27日、シングルス4回戦が行われ、第10シードのE・ルバキナ(カザフスタン)が世界ランク39位のE・メルテンス(ベルギー)を6-4, 6-3のストレートで破り、大会初のベスト8進出を果たすと共にマッチ11連勝を飾った。

>>サバレンカらマイアミOP組合せ<<

>>アルカラスら マイアミOP組合せ<<

前週のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)で優勝を飾ったルバキナ。同一シーズンにBNPパリバ・オープンとマイアミ・オープンを制覇する史上5人目の「サンシャイン・ダブル」達成に向けて前進している。

今大会、シード勢は1回戦免除のため初戦となった2回戦で世界ランク64位のA・カリンスカヤを7-5, 4-6, 6-3、3回戦で第21シードのP・バドサ(スペイン)を3-6, 7-5, 6-3で下し、ベスト16進出を果たした。

ルバキナとメルテンスは4度目の顔合わせでルバキナの2勝1敗。直近では2021年8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTA1000)2回戦で対戦しており、その時はルバキナが6-3, 6-2のストレートで勝利している。

第1セット、ルバキナは第7ゲームでブレークを許したものの、直後の第8ゲームから3ゲーム連取に成功し、48分で先行する。続く第2セット、ファーストサービスが入った時に83パーセントの確率でポイントを獲得。第2ゲームでブレークに成功し、1時間46分で勝利した。

女子テニス協会のWTAは公式サイトでルバキナのコメントを紹介している。

「今日は本当にタフな試合だった。今日も最高のスタートは切れなかったけど、2セットで終わってよかった。もちろん、体力的にはフレッシュな状態ではないけれど、なんとか自分のやり方を見つけられたので満足しているわ」

「準々決勝に進出できたことは素晴らしいことだし、明日はもっといいプレーができることを願っているわ」

勝利したルバキナは準々決勝で第25シードのM・トレヴィサン(イタリア)と対戦する。トレヴィサンは4回戦で第24シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)を6-3, 6-3のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には、第2シードのA・サバレンカ、第3シードのJ・ペグラ(アメリカ)、第15シードのP・クヴィトバ(チェコ)、第18シードのE・アレクサンドロワ、第27シードのA・ポタポヴァ、世界ランク74位のS・シルステア(ルーマニア)が8強へ駒を進めた。

サンシャイン・ダブルを達成した4選手は以下の通り。
S・グラフ(ドイツ)(1994年、1996年)
K・クレイステルス(ベルギー)(2005年)
V・アザレンカ(2016年)
I・シフィオンテク(ポーランド)(2022年)




■関連ニュース

・ルバキナ「素晴らしい気分」
・ルバキナ、サバレンカ下し今季初V
・錦織 公式サイト4月に終了

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年3月28日17時59分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)