ストーサー「完璧な終わり方」

ゲッティイメージズ
サマンサストーサー
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は20日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク487位のS・ストーサー(オーストラリア)は第10シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)に2-6, 2-6のストレートで敗れ、シングルスプレーヤーとしての活動に終止符を打った。

>>ダニエル 太郎vsマレー 1ポイント速報<<

>>全豪OP男女組み合わせ<<

昨年12月に全豪オープンをもってシングルスの引退を発表したストーサーはこの日、5度のサービスブレークを許し、1時間9分で力尽きた。

試合後の記者会見では「いい試合だった。実際、かなり良いプレーができたと思うので、最後の試合として満足しているわ」とコメント。

「パブリュチェンコワのプレーはあまりにも良かった。彼女と対戦できたのは良かったと思う。何度もプレーしているし、私たちは長い付き合いで一緒にプレーをしてきた。最後の試合を飾るにふさわしい相手、人としてもプレーヤーとしても本当に尊敬している。完璧な終わり方だと思うわ。とても幸せよ」と語った。

ストーサーはこれまでシングルスで9つ、ダブルスで28ものタイトルを獲得。シングルスでは2011年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で優勝を飾り、ダブルスでは2005年と2021年の全米オープン、2006年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)と2019年の全豪オープンで優勝をおさめている。

ストーサーは今後、ダブルスプレーヤーとして現役を続ける。今大会には第4シードとしてザン・シュアイ(中国)とのペアで出場しており、前日に行われた1回戦で加藤未唯/S・サンタマリア(アメリカ)組を6-3, 2-6, 6-1のフルセットで下して2回戦へ勝ち上がっている。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ストーサー 全豪OPでシングルス卒業
・パートナーが出産「幸せ」
・女子複 ストーサー/ザン組がV

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月20日15時56分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)