ペール8強「本当にうれしい」

ゲッティ イメージズ
全仏オープンのブノワ・ペール
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのウィンストン・セーラム・オープン(アメリカ/ウィンストン・セーラム、ハード、 ATP250)は21日、シングルス3回戦が行われ、第1シードのB・ペール(フランス)が世界ランク62位のU・アンベール(フランス)との同胞対決を3-6, 7-6 (7-2), 6-3の逆転で制し、ベスト8進出を果たした。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはペールのコメントが掲載されており「彼(アンベール)に勝てて本当にうれしい」と喜びを語っている。

準々決勝では、第11シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)と対戦する。カレノ=ブスタは3回戦で第7シードのL・ソネゴ(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の3回戦では、第2シードのD・シャポバロフ(カナダ)が第13シードのM・キツマノビッチ(セルビア)を6-2, 6-3にストレートで勝利して8強へ駒を進めた。

「ミオミル(キツマノビッチ)はタフな相手」と振り返ったシャポバロフは準々決勝で世界ランク47位のA・ルブレフ(ロシア)と顔を合わせる。

その他では第3シードのH・ホルカシュ(ポーランド)、第10シードのF・ティアフォー(アメリカ)、第14シードのJ・ミルマン(オーストラリア)らがベスト8へ進出した。

「全米オープンテニス」
大坂なおみが大会連覇を、錦織圭が日本人男子初のグランドスラム優勝を目指して戦う!
晩夏のニューヨークで繰り広げられる激戦の模様を連日独占生中継でお届け!

【放送予定】
8月26日(月)~9月9日(月)連日独占生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ラケット問題 ペール明かす
・ペール怒り ラケット届けられず
・錦織ら全米OPシード発表

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年8月22日16時02分)
その他のニュース