元世界8位 今季限りで引退へ

ゲッティイメージズ
元世界ランク8位のティプサレビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで元世界ランク8位のJ・ティプサレビッチ(セルビア)は20日に自身のSNSを更新し、今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

インスタグラムには「素晴らしい16年間だった。人生の現段階で、僕にとって何が重要で何が僕を幸せにするのか。多くのことを考えた結果、プロテニスから引退をすることを決めた。僕にはまだ試合が残っているから、今から感動的なことを書くつもりはない」と綴った。

「来週の全米オープンや、その後のいくつかの大会がある。僕の最後の大会はマドリッドで行われるデビスカップになる。来年からは家族や、経営しているテニスアカデミー、コーチングといったことに集中するだろう。全てのサポートの感謝したい」

35歳で現在世界ランク257位のティプサレビッチはシングルス4勝、ダブルス1勝をあげており、今シーズンは4月のフェイズ・サロフィム&Co.米男子クレーコート選手権(アメリカ/ヒューストン、クレー、ATP250)でベスト8に進出していた。

「全米オープンテニス」
大坂なおみが大会連覇を、錦織圭が日本人男子初のグランドスラム優勝を目指して戦う!
晩夏のニューヨークで繰り広げられる激戦の模様を連日独占生中継でお届け!

【放送予定】
8月26日(月)~9月9日(月)連日独占生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>



■関連ニュース

・錦織 最終戦ランクは8位
・杉田ら全米OP予選2回戦へ
・大坂1位 全米は第1シード

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年8月21日11時45分)
その他のニュース