錦織、体調不良「息苦しい」

ゲッティ イメージズ
初戦で敗退した錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は14日、シングルス2回戦が行われ、第6シードの錦織圭は世界ランク77位の西岡良仁に6-7 (2-7), 4-6のストレートで敗れ、前週のロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)に続き2週連続の初戦敗退となった。

>>西岡らW&Sオープン対戦表<<

>>西岡vsデミノー 1ポイント速報<<

この日、序盤から体調不良の様子を見せた錦織はドクターから薬を処方されていた。そして第1セットをタイブレークの末に落とすと、第2セットは第8ゲームから3ゲームを連取されて1時間39分で力尽きた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには錦織のコメントが掲載されており「タフな試合だった。この2週間は、なぜか息苦しい」と明かしている。

一方、勝利した西岡は3回戦で世界ランク38位のA・デ ミノー(オーストラリア)と対戦する。デ ミノーは2回戦で同42位のR・オペルカ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 シンシナティ」

【大会期間】
8/11(日・祝)~8/18(日)※大会1日目無料配信 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・西岡「不愉快な試合でした」
・西岡、錦織「超強かった」
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年8月15日7時18分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)