イズナー 4度目Vへ王手

ゲッティイメージズ
ウィンブルドンのイズナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)は20日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのJ・イズナー(アメリカ)が第4シードのU・アンベール(フランス)を6-7 (4-7), 7-6 (7-5), 6-3の逆転で破り、2年連続4度目の決勝進出を果たした。

この日、イズナーはサービスエースの数を15本とし、ファーストサービスが入った時に81パーセントと高い確率でポイントを獲得。世界ランク48位のアンベールに1度もブレークを許すことなく2時間44分の激闘を制し、4度目の優勝まであと1勝とした。

決勝では、第7シードのA・ブブリク(カザフスタン)とタイトルをかけて対戦する。ブブリクは準決勝で、世界ランク98位のM・グラノジェルス(スペイン)をフルセットで下しての勝ち上がり。

男子プロテニス協会のATPの公式サイトで、ブブリクのコメントが掲載されており「ここまでハードにトレーニングをしてきたから、とてもうれしい。明日はベストな状態の自分で闘えるようにしなければならない」と決勝への意気込みを語った。

錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー500 ワシントンD.C.」

【大会期間】
7/29(月)~8/4(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・イズナー「長い間動けなかった」
・錦織との不平等にジョコ不満
・BIG3がトップでいる理由

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年7月21日13時03分)
その他のニュース