土居 敗退も「次につながる」

ゲッティイメージズ
初戦で敗れた土居美咲
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会初日の26日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク110位の土居美咲は第7シードのS・スティーブンス(アメリカ)に3-6, 6-7 (4-7)のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

>>大坂ら全仏OP対戦表<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

初の対戦となったこの試合、土居は昨年の同大会準優勝者であるスティーブンスに2度ブレークを許し第1セットを落とすも、第2セットではファーストサービスが入った時に74パーセントの確率でポイントを獲得。

第10ゲームではサービング・フォー・ザ・セットを迎えたが、そこからタイブレークの末に1時間33分で力尽き、2015年以来4年ぶり2度目の2回戦進出を逃した。

土居は試合後の記者会見で「彼女(スティーブンス)のディフェンスがかなり堅く、ミスがなかった。タイミングを速めて攻めようとしたけど、自分の中の焦りもあり難しかった。第2セットでチャンスはあったけど、そこでうまくいかなかった」と振り返った。

続けて「徐々にいいプレーができ始めていて、チャンスがある試合ができたことは次につながると思う。それでも、もちろん勝ちたかったし、今は悔しい気持ちの方が大きい」と語った。

勝利した世界ランク7位のスティーブンスは2回戦で同ランク72位のS・ソリベス=トルモ(スペイン)と対戦する。ソリベス=トルモは1回戦で同55位のA・ヴァン=ウィットバンク(ベルギー)を下しての勝ち上がり。

同日の1回戦では、第2シードのKa・プリスコバ(チェコ)、第15シードのB・ベンチッチ(スイス)、第19シードのG・ムグルサ(スペイン)、第31シードのP・マルティッチ(クロアチア)らが2回戦進出。

第5シードのA・ケルバー(ドイツ)は世界ランク81位のA・ポタポヴァ(ロシア)にストレートで敗れ、初戦で姿を消した。

「全仏オープンテニス」
5/26(日)~6/9(日)、WOWOWにて連日生中継![第1日無料放送]

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、未放送の試合をお楽しみいただけるピックアップコートも連日ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織、珍事で主審に抗議
・大坂 右手は「よくなっている」
・錦織に「負けたと思った」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年5月27日4時07分)
その他のニュース