引退の男子選手2018 第2弾

ゲッティイメージズ
世界ランク8位を記録したユーズニー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATPは19日に公式サイトで、2018年に引退した5選手を特集した。

ミハイル・ユーズニー(2018年9月21日に引退)

シングルス通算勝利数500を達成したM・ユーズニー(ロシア)は世界ランキングで2008年に8位を記録。全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では2006年にR・ナダル(スペイン)らを破り4強入り。2010年には準々決勝でS・ワウリンカ(スイス)をフルセットで振り切りベスト4進出を果たした。


フロリアン・マイヤー(2018年8月27日に引退)

フォアハンドのダイナミックなテイクバックが特徴的なF・マイヤー(ドイツ)はキャリア通算2勝をあげた。2004年にウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でベスト8へ駒を進めると、ATPワールド・ツアー・アワードのニューカマー・オブ・ザ・イヤーを受賞。また、トップ10選手に12度勝利し、シングルス通算成績は243勝261敗。


ギル・ミュラー(2018年8月27日に引退)

世界ランキングで21位を記録したG・ミュラー(ルクセンブルグ)は、2008年の全米オープンで予選から7連勝して8強に進出。2017年のウィンブルドンではナダルらを下し、34歳で大会初の準々決勝へ駒を進めた。シングルスの勝利数は通算233勝、2度のタイトルを獲得した。


ジュリアン・ベネトー(2018年10月26日に引退)

J・ベネトー(フランス)はツアー決勝に10度進出。しかし、成績は0勝10敗でツアーで優勝することなく引退となった。それでもR・フェデラー(スイス)N・ジョコビッチ(セルビア)、ナダルに勝利し、芝、クレー、ハードの全てのサーフェスでトップ10から勝利をあげた。


マックス・ミルニ(2018年11月29日に引退)

「野獣」の愛称で親しまれていたM・ミルニ(ベラルーシ)はダブルスで世界ランク1位の座を57週以上死守。ダブルスのタイトルを52度獲得し、通算の勝利数は780。

またシングルスでの勝利数は244で、2003年のABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)では準決勝でフェデラーをフルセットで破るなどでタイトルを勝ち取り、世界ランキングでは18位へ上り詰めた。

「新シーズン開幕へ!錦織圭大坂なおみ 勝負の年」
開幕直前のテニス2019年シーズンを松岡修造がプレゼン!錦織圭、大坂なおみらの活躍が期待される新シーズンの見どころを一挙紹介する。

【放送予定】
12月22日(土)午後3:50
■詳細・放送スケジュールはこちら>




■ 関連ニュース

・引退の男子選手2018 第1弾
・『野獣』ミルニ 引退を表明
・ジョコ 引退発表は「驚いた」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2018年12月20日15時16分)
その他のニュース
フェデラーカレンダー
全豪オープンタオル