- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP技術特集TOPスマッシュ編
スマッシュ編

Vol.3 ミスを減らすための練習法 スマッシュ編


「いくら練習しても試合でのミスが減らないのはなんでだろう?」。そんな悩みを持つあなた、もしかしたら練習のやり方が良くないのかもしれません。では、どんな練習をすれば、ミスを減らすことができるのか、スマッシュについて考えていきましょう。

総論 スマッシュは 一か八かのショットではない

まずはスマッシュでのミス全般に関わる話を整理しておこう。

スマッシュはホームランとは違う

スマッシュも試合でのミスが非常に目立つショットだが、その役目としては、そこまで作り上げてきたチャンスを仕上げる技術であり、本来は一か八かで打つショットではない。たしかに一発できれいに決まればスカッとするが、何本かに1本決まれば良いというショットではないので、野球のホームランとは本質的に違う。したがって、ミスが多ければ使い物にならないし、逆に弱くても決まれば良く、最悪入りさえすればOKなのだ。

アマチュアの中には、スマッシュをファーストサーブと同じ意識で打つ人がいるが、それは大きな勘違いだ。失敗してもセカンドスマッシュなどあるはずはないし、せっかく作ったチャンスを台無しにしてしまうだけだ。だから、むしろスマッシュはセカンドサーブに近く、多少弱くても確実に(できればコースを狙って)入れられるように練習しておかなければならない。そういう意味で「男の常識、女のたしなみ」と言えるわけだ。

絶対的な練習不足がミスの原因

そのように確実性が重要なショットであるにも関わらず、アマチュアの場合は練習量が絶対的に不足している。また、スマッシュでは当たり損ねが多くなりやすいため(次項参照)、下図のような確実に入れるということをテーマにした練習が必要だ。とくに草大会などに出る場合は、大会前にスマッシュの練習は十分にやっておくことが、勝利を得るためには欠かせないと言える。

スマッシュに関しては、確実に入れる能力を鍛える練習が欠かせない。たとえば図のように球出しに変化をつけた中で、前後左右に動きながら何本か連続して入れなければいけないという練習だ(球出しは最後の1、2本を厳しく出す)。スマッシュ自体は、あまり強く打つ必要はないが、できるだけコース(的を置く)を狙うことを意識しよう。

早く準備してゆっくり振る

スマッシュは振り遅れやすい

スマッシュでは、振り遅れや当たり損ねのミスが非常に多い。なぜなら、元々そうなりやすい要素を持っているからだ。人間は、頭上にある物は水平方向にある物よりも遠くに見える傾向があると、心理学的にも言われている。つまり、高く上がったボールは思ったよりも低いところにあり、思ったよりも早く、しかも加速しながら落ちてくる。そのため当然、タイミングも遅れやすく、振り遅れやラケットの下に当たるミスが出やすいわけだ。

この問題の解決法は、たくさん打って上から落ちてくるボールに慣れることしかない。心がけとしては、とにかく早く準備をして、早めにゆっくり振り始めるということが有効だ。思った以上にボールが早く落ちてくるということをつねに頭に入れながら、できるだけ高い打点でボールをとらえられるように感覚を磨いていこう。

人間は、頭上にあるものは遠くに見えるという傾向があるため、落ちてくるロブに対しても反応も遅れやすい。つまり思ったよりも早くボールが落ちてくる(あっと思ったときにはボールが下に来てしまっている)というケースが多くなり、振り出しが遅れてラケットの下のほうに当たったりするミスが多くなるのだ。

スマッシュでの振り遅れを矯正するには、「早く構えて、ゆっくり振る」という練習がお勧めだ。とにかく早く構えて、早く振り始め、スウィングはゆっくりにしてタイミングを微調整するという方法だ(初めはイージーな球出しをしてもらう)。その中で、できるだけ高い打点で打つように意識し、慣れてきたら、スウィング後半を速く振るようにしていこう。

W.アーサーズの確実に決めたスマッシュ
これはプロの試合の中ではイージーといえるスマッシュの場面だが、早く構えて(5〜7)早く振り始める(8)という基本はしっかりと実践しており、ゆったりとしたスウィングの中でタイミングをきっちりと合わせている。このような場面では、思い切り強く打つ必要はなく、コースを狙って確実に打てる技術のほうがより重要となるのだ。

「タイミングの遅れを修正する」 >>

(テニスジャーナル 2004年4月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スマッシュ編一覧




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!