国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

eスポーツ選手会との対談が実現

eスポーツ選手会
男子プロテニス選手会×eスポーツ選手会
画像提供: tennis365.net
一般社団法人 全日本男子プロテニス選手会は昨年12月21日、都内某所でeスポーツ選手会と対談を実施。プロスポーツ選手が団体を組織する難しさや、協会やメーカーとの折衝について意見を交換した。

全日本男子プロテニス選手会国内外で挑戦を続ける男子プロテニス選手の競技環境改善や競技力向上、イベント等によるテニスの普及活動などを目的として2018年12月21日に発足。プロ選手同士が情報交換できる環境作りや、日本のプロ選手が活躍できる環境を選手主体で作ることを目的とした活動を行っており、今回は代表理事の内山靖崇や理事の関口周一高橋悠介、そして高田真緒が臨んだ。

一方、eスポーツ選手会は一昨年発足。格闘ゲームのストリートファイターを主戦場とする「ときど」「ネモ」「ももち」「ACQUA」が今回の対談に臨んだ。

今回の対談はeスポーツ選手会からの要望で実現し、選手会の今後の動きや発足当時の働きかけなどについて約1時間30分にわたって語られた。

まずeスポーツ選手会側から設立の経緯について「ストリートファイターというゲームを専業でやっている選手たちです。eスポーツは最近になって専業の人がでてくるようになって、海外に行ったりして戦っています。テニス選手に近いかたちで年間20回海外に遠征してシーズンを送ったりしていました。最近は国内でも活動ができてはいるんですが、大会が出てきては消えていて、選手たちのなかでも意見を発信して、より良い環境を作った方が良いんじゃないかと思い設立しました」と明かされた。

今回の記事では対談冒頭部分を紹介し、内山が明かした設立の経緯や発足当初の動きをお伝えする。

eスポーツ選手会:「選手会を立ち上げたきっかけや何を最初にしたかをお聞きしたいです」

内山:「テニスも個人競技なので意見はそれぞれありました。僕らが立ち上げる以前にも何度かできあがっては無くなってというのが2回くらいあったみたいなんですね。僕らの立ち上げが2018年です。選手みんなの意見をまとめる組織を作ろうよ。というのがまず最初の1歩だったと思います。そのあとに大会とかで選手が集まったりしたときに『こうしようああしよう』と話し合っていくなかで、約1年後に立ち上げとなりました」

「発足した当初は疑問とかを持っている選手がいたりする一方で、あまり問題意識を感じていない選手も多くいて、でも選手会としては一定の人数がいないと選手の意見として協会側が受け入れてくれないというのがありました。選手会というと一般的には労働組合のようなイメージを持たれることが多いと思うんですけど、テニス選手会は選手個々にしても、コーチが協会関係者だったりとか、協会と敵対したくない選手も多くいたので、労働組合ではないと、あくまでテニス界を盛り上げて選手の環境を良くしていくことを企業とか協会任せにしないで、当事者意識を持って変えていこうと。方向性としては自分たちの運命は自分たちで変えようというかたちで、意見を集める組織を作っていったかたちになります」

eスポーツ選手会:「協会に対してはどのようなアプローチをしましたか?」

内山:「当時の専務理事に『会を作ります』という挨拶をしました。あくまで敵対する組織ではなく、一緒にテニス界を盛り上げたいと、その証として発足の会見をテニス協会でやりました」

eスポーツ選手会ときど:「eスポーツ協会は歴史が浅いので、固まっているルールは無いんですけど、逆に何も決まってないんですよね。中央団体のようなものもも無くて、メーカーさんになってしまいます。ゲームごとにメーカーも違いますし、ストリートファイターはカプコンさん、スマブラは任天堂さんとかになってしまいます。基本的にはメーカーから言われたことを選手がただやらなきゃいけない感じになっていて、自分たちの意見を言えるようにならなきゃいけないということで立ち上げに至りました」

異なる分野ではあるものの、「スポーツ」というフィールドで戦う選手同士の対談は約1時間30分にわたり、意見交換が行われた。

対談後、選手会の理事である内山は「ほかのスポーツの選手会の話を聞けるのはすごく貴重でしたし、テニスと違って競技としての歴が違うということで色々違うのも勉強になりました。自分たちの持っている課題と違っていたりするのも新鮮でしたし、良い機会だったなと思います」と語り、今後の課題解決に意欲を見せている。



[PR]1/14(日)~1/28(月) 全豪オープンテニス WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・テニス選手会とDr.stretchが提携
・ウインザーと選手会が提携を発表
・選手会 内山靖崇が代表に就任

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年1月17日14時26分)

その他のニュース

7月13日

必ず5試合できる!混合ダブルス大会開催 (13時04分)

お酒好き必見!日本酒貰える大会開催 (12時55分)

ジョコ大記録へ「歴史が懸かる」 (11時27分)

島袋将 第6シードに快勝し4強 (9時42分)

メド 暴言であわや準決勝失格 (8時49分)

ジョコ「ここで止まりたくない」 (6時52分)

決勝は2年連続同カード、究極の対戦に (5時37分)

ジョコ 最多タイ8度目Vに王手 (3時54分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsムセッティ (1時01分)

アルカラス、メド破り2連覇王手 (0時38分)

【1ポイント速報】アルカラスvsメドベージェフ (0時30分)

小田凱人 ウィンブルドン準決勝敗退 (0時17分)

7月12日

上地結衣 2年ぶり決勝ならず (22時15分)

本田尚也 ウィンブルドンJrで4強 (20時30分)

参加者全員に賞金付き大会?!テニス365大会情報 (20時02分)

ナダルと練習「特権であり名誉」 (19時02分)

昨年VシェルトンがジャパンOP出場へ (18時09分)

大坂なおみ 東レPPO2024出場表明 (12時00分)

準決勝敗退も「ポジティブな2週間」 (10時56分)

ウィンブルドンで決勝へ「想像していなかった」 (10時21分)

島袋将、快勝でチャレンジャー8強 (9時15分)

セリーナ以来の快挙でウィンブルドンV王手 (7時47分)

上地 逆転勝ちで3年連続4強 (6時47分)

本田尚也 ウィンブルドンJrで8強 (5時34分)

逆転勝ちで四大大会3年ぶりV王手 (3時46分)

【1ポイント速報】ウィンブルドン女子 準決勝 (1時00分)

大躍進 四大大会で2大会連続決勝へ (0時51分)

小田凱人 2年連続ウィンブルドン4強 (0時23分)

7月11日

柴原組 ウィンブルドン混合4強ならず (22時13分)

ディミトロフ 左脚外転筋肉離れ (20時12分)

全チーム景品付き!男女混合団体戦 (18時53分)

ジョコ4強 フェデラーに並び最多タイ (18時08分)

ウィンブルドン男子4強出揃う (12時59分)

女王バーティ、ウィンブルドンに帰還 (11時23分)

2年間コーチ→チャレンジャー制覇の“夢物語” (10時31分)

清水悠太 今季5度目のチャレンジャー8強 (9時02分)

シナー 五輪前哨戦を欠場 (8時01分)

上地結衣 ウィンブルドン初戦突破 (6時39分)

‘21年全仏女王がウィンブルドンで初4強 (5時30分)

錦織圭 パリ五輪前哨戦を欠場 (3時04分)

激闘制し初4強、次戦ジョコ (2時44分)

【1ポイント速報】フリッツvsムセッティ (0時55分)

7月10日

2022年女王が61分完勝で4強 (23時16分)

負傷で無念の棄権「大きな音が...」 (21時53分)

ジョコ 相手棄権で13度目4強 (20時41分)

【中止】ジョコビッチvsデミノー (20時35分)

小田凱人 完勝で連覇へ好発進 (19時57分)

【1ポイント速報】小田凱人 ウィンブルドン1回戦 (19時05分)

不調時の解決策 ビッグ3参考に (18時59分)

島袋 カナダチャレンジャーで初戦突破 (12時47分)

逆転勝ちで連覇まであと2勝「難しい試合だった」 (10時51分)

シナー「今朝すでに調子悪かった」 (9時27分)

メド 5連敗脱出「とてもいい試合」 (8時05分)

逆転勝ちで四大大会初の4強 (6時39分)

躍進の7位 四大大会2連続の4強 (5時23分)

アルカラス 逆転勝ちで2年連続4強 (3時05分)

世界1位シナー 死闘の末に敗退 (2時01分)

メド 死闘制し世界1位シナー撃破 (1時48分)

【動画】メドベージェフがノットアップを宣告された場面(0:38~) (0時00分)

【動画】世界4位ルバキナ撃破!クレチコバ勝利の瞬間! (0時00分)

【動画】大躍進!パオリーニ 四大大会で2大会連続の決勝進出を決めた瞬間! (0時00分)

【動画】バーティがウィンブルドンセンターコートに帰還 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!