国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ「彼の未来に期待」

ノヴァーク・ジョコビッチ、カルロス・アルカラス
(左から)アルカラスとジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は9日、男子シングルス準決勝が行われ、第3シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第1シードのC・アルカラス(スペイン)を6-3, 5-7, 6-1, 6-1で破り、2021年以来2年ぶり7度目の決勝進出を果たすとともに、大会3度目の制覇と歴代最多となるグランドスラム23回目の優勝に王手をかけた。試合後には途中足を負傷したアルカラスに対して「彼の未来に期待することはたくさんある」とエールを送った。

>>全仏OP男子決勝 1ポイント速報<<

>>【動画】ジョコビッチ 全仏OP決勝進出を決めた瞬間、途中負傷したアルカラスを下す<<

2016年と2021年の全仏オープンを制している36歳のジョコビッチ。アルカラスとの対戦は今回が2度目で、初対戦は昨年のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)準決勝、そのときジョコビッチは7-6 (7-5), 5-7, 6-7 (5-7)の逆転負けを喫している。

グランドスラム初対戦となったこの日の第1セット、開始からサービスキープが続くと第4ゲーム、1度のブレークポイントを握ったジョコビッチ。ドロップショットを交えアルカラスを揺さぶると最後はボレーを決めブレークに成功する。その後、第7ゲームでは3度のブレークポイントを握られるも全て凌ぎ第9ゲームでサービング・フォー・ザ・セットを迎える。ここでアルカラスに1度のブレークポイントを握られたものの1度目のセットポイントをものにし先行する。

続く第2セット、互いにサービスキープが続くとジョコビッチは第7ゲーム終了後にメディカルタイムアウトを取り右手首を治療。直後の第8ゲーム、アルカラスに2度のブレークポイントを握られると最後は強烈なショットを返球できず、ブレークを許す。

それでもアルカラスのサービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲーム、2度のブレークポイントを握ると最後はバックハンドウイナーを決めブレークバックに成功。しかし、第10ゲームでは0-40から3度のセットポイントとなるブレークポイントを凌ぐも第12ゲームで再びブレークを許し、1セットオールとされる。

第3セット、第2ゲーム終了後に右足を痛めたアルカラス。本来このタイミングでのメディカルタイムアウトは許されていないが、ジョコビッチに第3ゲームを与える形で取ることに。再開後、いつも通りのプレーができないアルカラスに対し、ジョコビッチは1ゲームも与えることなく、セットカウント2-1と勝利に王手をかける。

第4セット、第1ゲームで2度のブレークポイントを凌いだジョコビッチ。直後の第2ゲームでブレークポイントを握ると最後はアルカラスのボールがネットにかかりブレークに成功。その後も足を気にするアルカラスに対し、開始から5ゲームを連取し、約3時間半に及ぶ試合を制した。

試合後の会見でジョコビッチはアルカラスへの期待と負傷の状態について語った。

「僕は彼に『時間はたっぷりある。ローラン・ギャロスで何度も優勝すると思うよ』と言ったよ。間違いない。彼は素晴らしい選手だ。非常に多くの資質を持っている。ダイナミックで、ショットにパワーがあり、非常に完成度の高い選手だ。完璧な選手だと思う。彼はすでにグランドスラムを制覇しているし、史上最年少のナンバー1だ。そんな彼の未来に期待することはたくさんある」

「もちろん、彼にとっては最高の終わり方ではない。しかし、最後のポイントまで頑張った彼に敬意を表したい。最後の1点まで、本当によく頑張った。彼は明らかに、自分の動きに苦しんでいた。観客にとっては残念なことだね。この重要な試合にとっても残念なことだ。でも、それがスポーツなんだ。最初の2セットはそうだったと思うが、非常に高いインテンシティでプレーしたときは互角だった。僕ら2人にとって、肉体的に非常に厳しいものだったはずだ。そして、彼が苦しんでいた痙攣など、身体的なことが起こることもある。僕は彼の早い回復を願っている。きっと強くなって戻ってくるだろう」

四大大会を22度制覇しているジョコビッチは同率1位で並ぶR・ナダル(スペイン)を抜く23度目の優勝をかけて、決勝で第4シードのC・ルード(ノルウェー)と対戦する。ルードは準決勝で第22シードのA・ズベレフ(ドイツ)ストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]錦織 圭 復帰戦をWOWOWで放送・ライブ配信!
6/12(月)深夜開幕「男子テニスATPチャレンジャー プエルトリコ」

5/28(日)~6/11(日)「全仏オープンテニス」
WOWOWで連日生放送・ライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・ジョコ 錦織は「最も速い」
・錦織vsジョコ 過去の対戦一覧
・錦織 ジョコやナダルと対戦望む

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年6月10日7時26分)

その他のニュース

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

【画像】本田尚也とナダルの2ショット写真 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!