国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

メド右足首負傷「痛み増した」

ダニールメドベージェフ
ダニール・メドベージェフ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は14日、シングルス4回戦が行われ、第5シードのD・メドベージェフが第12シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦。第2セットで右足首を捻り転倒するアクシデントに見舞われるも、6-7(5-7), 7-6(7-5), 7-5の逆転勝利で同大会で自身初のベスト8進出を決めた。

>>シナーvsワウリンカ 1ポイント速報<<

>>アルカラス、メドベージェフらBNPパリバOP組合せ<<

27歳のメドベージェフは同大会に3年連続6度目の出場で、これまでの最高成績は2021年の4回戦進出。

今季、開幕戦となった1月のアデレード国際1(オーストラリア/アデレード、ハード、ATP250)では4強入りしたものの、ここ2年連続で準優勝を飾っていた全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では3回戦敗退を喫した。

先月はABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)、カタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ、 ハード、ATP250)、ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)と3週連続の優勝を果たし、今大会に臨んでいる。

今大会のシード勢は1回戦免除のため、初戦となった2回戦では世界ランク48位のB・ナカシマ(アメリカ)を6-4, 6-3、3回戦は同85位のI・イヴァシカを6-2, 3-6, 6-1のフルセットで破り、2021年以来2年ぶり2度目のベスト16進出を果たした。

メドベージェフとズべレフは過去に12度対戦し6勝6敗。直近では2021年のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)決勝で対戦しており、ズべレフが6-4, 6-4のストレート勝ちを収めている。

絶好調のメドベージェフと、怪我から復帰して徐々に調子を上げているズベレフの一戦は、両者譲らず第1セットはタイブレークにもつれ、ズベレフが先取する。

続く第2セット、第6ゲームでメドベージェフをアクシデントが襲う。30-40のブレークチャンスの場面、ロングラリーが続くなかメドベージェフは右足首を捻って転倒。メドベージェフは苦悶の表情を浮かべて立ち上がることができず、ズベレフも駆け寄る。

しばらくしてトレーナーと共にベンチに戻ったメドベージェフは、右足首にテーピングを施してコートに復帰。軽快なフットワークを見せ、第2セットをタイブレークの末に奪って1セットオールとする。

迎えたファイナルセット、メドベージェフが第3ゲームでブレークに成功。第10ゲームでマッチポイントを握るも決めきれず、逆にズベレフにブレークを許してゲームカウント5-5に。しかしズベレフは直後の第11ゲーム、メドベージェフにブレークチャンスを与えると自らのダブルフォルトでブレークを献上する。

メドベージェフはサービングフォーザマッチの第12ゲームをラブゲームで締め括って、3時間17分に及んだ熱戦を制した。

試合後のメドベージェフのコメントが男子プロテニス協会のATP公式サイトに掲載され、右足首の負傷について言及した。

「(足首を)捻った時は、すぐ立ち上がれると思ったんだけどね。でもその後、痛みがどんどん増していったので『これはまずい』と思った。骨折はしていないけど靭帯を少し傷めた気がしたので、プレーは無理かなと思ったんだ」

「足首にテーピングをするのは人生で初めてだったけど、試してみることにした。意外だったのは、歩くより走る方がずっと楽だったこと。歩いているときは足を引きずっていたのに、元気に走れるようになったんだ」

「(試合を終えて)アドレナリンが下がるとかなり痛くなるので、おそらくスキャンをしてどんな状態かプレーを続けられるかどうかを確認するつもりだ」

メドベージェフは準々決勝で、第23シードのA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)と対戦する。ダビドビッチ フォキナは同日に行われた3回戦で、予選勝者で世界ランク97位のC・ガリン(チリ)を6-3, 6-4のストレートで破っての勝ち上がり。

同日には男子シングルス4回戦の全試合が組まれ、ベスト8が出揃う。




■関連ニュース

・メドベージェフが不満「ハードではない」
・メドベージェフ、マレー下しV
・メドベージェフ 3週連続優勝

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年3月15日8時34分)

その他のニュース

5月29日

19歳の松岡隼 プロツアーで初の準V (7時24分)

ジョコビッチ 20年連続で全仏OP初戦突破 (6時24分)

内島萌夏、四大大会シングルス初勝利 (5時55分)

全豪OP女王サバレンカ 盤石の初戦突破 (5時30分)

【告知】錦織圭vsシェルトン (4時59分)

5月28日

ジョコ Vなしで全仏OPは4度目 (23時23分)

歴代最多69大会連続出場で引退 (21時58分)

ビッグカップルが復縁、破局から一転 (20時54分)

世界2位シナー「錦織と対戦したい」 (19時43分)

加藤未唯 全仏OP連覇へ 混合複出場 (18時13分)

観客にボール直撃「混乱していた」 (17時21分)

喜び爆発!ツアー初勝利が全仏OPに (13時45分)

復活の元女王 10ヵ月白星で初戦突破 (12時59分)

【YouTube】杉村太蔵が元デ杯代表と激突!得意のサーブ&ボレーで攻略なるか?!毎トー優勝へ向け3セットマッチ (11時52分)

メド 全仏OP2年ぶり初戦突破 (11時19分)

モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に (10時37分)

ナダル 今後は?「自分の気持ちを確認する」 (9時13分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (8時05分)

西岡 オジェのサーブ「どうしても崩せない」 (6時54分)

ズベレフ「最も特別な試合の1つ」 (5時53分)

大坂なおみ戦へ「準備必要」 (5時04分)

ナダル「感謝してもしきれない」 (2時57分)

引退示唆ナダル 全仏初の初戦敗退 (1時51分)

ズベレフ 全仏OPでナダル撃破 (1時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (0時15分)

5月27日

錦織圭 全仏OP2回戦は世界15位 (23時36分)

西岡良仁 全仏OP初戦敗退 (23時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェアリアシム (23時05分)

大坂なおみ 2回戦はシフィオンテク (22時03分)

シナー勝利も「100%じゃない」 (21時02分)

苛立ち見せ打ったボールが観客直撃 (20時01分)

37歳ガスケ初戦突破 チョリッチにストレート勝ち (13時16分)

苦しむ元女王、全仏V後は3年連続初戦敗退 (12時35分)

錦織 “5セットキング”は継続、現役最高勝率記録 (11時01分)

錦織「様子見て決める」棄権の可能性も示唆 (9時21分)

錦織 4時間超え死闘「紙一重」で勝利 (8時37分)

ジョコ「期待は低く、望みは高い」 (7時49分)

ワウリンカ、マレー撃破で全仏OP初戦突破 (6時36分)

大坂なおみ「どの試合も勝てる」 (6時00分)

錦織圭 3年ぶり全仏OPで初戦突破 (5時35分)

【1ポイント速報】錦織圭vsディアロ 全仏OP1回戦 (1時05分)

望月慎太郎 世界8位に屈し初戦敗退 (0時33分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎、望月慎太郎 全仏OP1回戦 (0時20分)

5月26日

右腕に不安残すも完勝で2回戦へ (23時45分)

ダニエル太郎、敗退も「ポジティブ」 (23時28分)

大坂なおみ 初戦突破「緊張していた」 (22時08分)

ダニエル太郎 善戦も全仏OP初戦敗退 (21時24分)

大坂なおみ 全仏OP3年ぶり初戦突破 (21時13分)

【1ポイント速報】大坂なおみ 全仏OP1回戦 (19時00分)

日比野菜緒「すごく調子いい」 (17時38分)

西岡良仁「良いテニスできてる」 (17時07分)

大坂なおみ 四大大会全制覇「目標」 (16時17分)

ナダルコーチ「ラファは死ぬまでプレーする」 (14時59分)

20歳新星がツアー初V「大きな自信」 (11時21分)

ダブルヘッダー制し12勝目、勢いつけ全仏へ (10時23分)

ナダル「最後の全仏になる可能性は高い」 (8時45分)

西岡、五輪「もちろん出たい」 (7時29分)

【動画】現役引退を迎え涙を流すコルネ (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!