国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

優勝賞金1,000万円「テニスに恩返し」

SBC湘南美容外科
(左から)山田氏、相川氏、島田氏、内山靖崇
画像提供: tennis365.net
今年から新たに創設された新大会 湘南美容クリニック presents「SBC Dream Tennis Tour 2022」は16日に都内で記者発表を行い、ツアー代表で湘南美容クリニック総括院長の相川佳之氏や男子テニスの内山靖崇らが登壇。大会開催の意義などが語られた。

>>大会公式HPはこちら<<

同大会は優勝賞金1,000万円、既存の国内大会とは一線を画す新たな国内テニストーナメントとして誕生。男女のシングルスで争われ、6月25日と26日に第1ラウンドが開催する。その後年内に第3ラウンドまで開かれ、成績優秀選手によるファイナルラウンドが12月に行われる予定。優勝賞金は第1ラウンドから第3ラウンドが各100万円で、ファイナルラウンドの優勝者には1,000万円が贈呈される。

今大会はテニススクールやテニストーナメントの企画・運営をはじめ、スポーツ治療院、テニス選手の育成支援を行うマサスポーツシステム有限会社が主催し、湘南美容クリニックが特別協賛をする形で実現した。

16日の会見には湘南美容クリニック総括院長 相川佳之氏、マサスポーツシステム代表取締役 山田眞幹氏、ファイナルラウンドに出場予定の内山靖崇、そして元AKB48で現在は実業家の島田晴香氏がゲストとして登壇した。

相川氏は冒頭で大会開催の意義について、自身の過去を交え説明した。

「僕はもともと中学高校とテニスをやっていて、自らの体力だったり健康面だったり精神力を学ぶことができたという思いがあります。なにかテニスというスポーツに恩返しができないかと思いがありました。今回はコロナ禍で日本のテニスプレーヤーの試合がなくなってしまったと。現実問題として、海外で活躍できる選手ではなく、そこまでたどり着けない選手たち、ゴルフなどとは違って全日本で5位とか10位でもなかなか生活が難しいという現状があると常々聞いていました。そこでなにか選手に貢献できるものがないかということで今大会を開催する運びとなりました」

ツアーディレクターを務める山田氏は「賞金と同時に、たくさんのメディアのご協力を得て選手の知名度も上げていきたいと思います。試合は短い時間で勝敗が決まるもので、エキサイティングな試合を楽しめることができると思います。また、短い時間の試合なので、放映しやすいという面もあり、その部分でもメディアに取り上げられるようにします。ジュニア選手にもワイルドカードを出します。ジュニア選手たちが国内トップレベルの選手と戦う機会は大変貴重だと思います。ファーストラウンドが終わったあと、ファイナルラウンドに向けて大会のルールをいじりながら夢のあるものにしていきたいと思います。そして、この大会をきっかけにより夢のある日本テニス界になればと思っております」と語った。

全日本男子プロテニス選手会代表理事として会見に登場した内山は「この大会は選手たちのなかでも普段から抱えている課題として、日本でプレーする機会が少ないということや海外で転戦するための資金面での苦労があります。日本で魅力的な賞金のかかった大会を開催して頂けることはすべての日本選手の夢や目標につながるものになるのではないかと思っています」と述べた。

「選手たちのなかでも注目度の高い大会になっているので、ファイナルラウンドのころにはテニス界を巻き込んだ大きなイベントになっているんじゃないかなとワクワクしております。僕自身12月のファイナルラウンドに出場させて頂く予定なので、それまでに海外で腕を磨き、優勝を目指し素晴らしいプレーをファンの皆様の前で疲労できるように努力していきたいと思います」

また、スペシャルゲストとして元AKB48の島田氏も登場。自身のテニスとの関わりやスポーツとしての国内での人気について語った。

「私自身以前はテニスとAKBの両立をしてました。いまも友人とともにテニスで汗を流してます。テニスってやっているとミスをして落ち込んだりすると思います。次のポイントにそれを持ち越さないようにだったりとかポジティブにいかなくちゃいけないとき、いま自分でビジネスをやっていると割り切っていかなくちゃいけないときとか、ミスしたときにいかに修正するかと置き換えられると思っているので、テニスをやっていてよかったと実感しています。今回の大会は1テニスファンとして生でトップ選手の試合が観られるのはうれしいです。まだ日本はテニスを観る機会や関わることが少ないと思うので、少しでもテニスのファンを増やすことができれば選手のサポートにつながると思います」

大会のファーストラウンドは今月25日と26日に東京の有明テニスの森で開催される。

大会概要は以下の通り。

■開催日程
Tour First Round:2022年6月25日・26日
Tour Second Round:2022年8月6日・7日
Tour Third Round:日程未定
Tour Final Round:2022年12月10日・11日
※各大会、前日にプロアマ交流戦を予定

■会場
有明テニスの森 インドアハードコート(東京都江東区)

■開催種目
男子シングルス、女子シングルス

■賞金
・Tour First Round〜Tour Third Round各大会
賞金総額560万円
優勝100万円、準優勝50万円、3位30万円、4位20万円、ベスト8:10万円、ベスト16:5万円

・Tour Final Round
賞金総額3,260万円
優勝1,000万円、準優勝300万円、3位100万円、4位50万円、ベスト8:25万円、ベスト16:10万円

■大会方式
1日目:予選リーグ(4名x4グループ)
2日目:決勝トーナメント(予選リーグ1位、2位通過者)


■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年6月16日16時29分)

その他のニュース

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

【画像】本田尚也とナダルの2ショット写真 (0時00分)

6月13日

コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中 (18時55分)

錦織圭と大坂なおみ 五輪出場権獲得 (17時52分)

西岡良仁 2年ぶりトップ100陥落 (17時07分)

世界232位が元王者破る番狂わせ (15時58分)

ナダルとフェデラーに共通する価値観 (14時47分)

大坂と自身「似たようなキャリア」 (13時36分)

ナダルとアルカラス 五輪で複出場 (10時34分)

女王 ぶっつけ本番でウィンブルドンへ (9時09分)

大坂なおみ 芝のプレーに「自信」 (8時24分)

大坂なおみ 54分完勝で芝6年ぶり8強 (0時13分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!