国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

躍進後の変化「慣れるしか」

マッテオ・ベレッティーニ
世界ランク10位ベレッティーニ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトは18日、世界ランク10位のM・ベレッティーニ(イタリア)のインタビューを掲載。2018年シーズンの躍進や昨年の負傷と新型コロナウイルス感染拡大の影響、そしてイタリア勢の活躍について語っている。

>>YouTube 70時間以上も部屋に缶詰め状態【内山 靖崇】 コロナ禍オーストラリアの現状とは、遠征バッグの中を全部公開<<

>>YouTube ワッキー チャンネル<<

24歳のベレッティーニは2018年7月にスイス・ オープン・グシュタード(スイス/グシュタード、レッドクレー、ATP250)を制しツアー初優勝を飾ると、2019年にはハンガリアン・オープン(ハンガリー/ブダペスト、 レッドクレー、ATP250)とメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)でタイトルを獲得。同年11月にはキャリア最高の世界ランク8位を記録し、最終戦のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内 ハード)へも出場を果たした。

昨年は鼠径部の負傷や、新型コロナウイルスの感染拡大によるツアー中断の影響を受けて6大会の出場に留まり、思ったような活躍を果たすことができなかった。

ベレッティーニは2018年から現在への変化について「あの年(2018年)の最初は135位からのスタートだった。今とは全然違う。今はドローが決まった時『こいつはシード選手だから何が何でも倒したい』という目で見られるんだ。そんな変化はあるけど、受け入れなければいけないことだと思う。これには慣れるしかない。たくさん試合にでればそのような目線を気にしなくて済むはずだ」と話した。

「トップ10に入ってしまうと『20以内に入れれば幸せだ』とは言えなくなる。それは悪いことでは全くない。僕は若い頃トップ20に入ることを考えていた。『僕のキャリアにとっていい目標になるかもしれない』ってね。今ももっと上を狙っているけど、ここまでは何も考えずにたどり着いたんだ。毎日ハードワークしなければいけないし、うまくいけば自分のランキングを上げることができる」

また、現在イタリア勢はベレッティーニの他に、F・フォニーニ(イタリア)L・ソネゴ(イタリア)J・シナー(イタリア)が世界ランクトップ40に在位しているなど確固たる地位を築いている。そのことについてベレッティーニは「これは本当に誇りに思うべきことなんだ。ロレンツォ(ソネゴ)、ヤニック(シナー)、ファビオ(フォニーニ)、そして他の選手たちも素晴らしい。一緒に練習していると楽しいよ。目標を達成するためにお互いに助け合っているし、これは本当に健全なことで、テニスにとって本当に素晴らしいことだと思う」と話した。

[PR]「全豪オープンテニス」
2月8日開幕!WOWOWで連日生中継


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・世界8位ベレッティーニ受賞
・ベレッティーニ 3日間で3カ国移動
・昨季の大ブレイクに注目

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2021年1月19日15時05分)

その他のニュース

3月8日

土居美咲 熱戦制し初戦突破 (20時42分)

錦織ら3/8日本勢世界ランク (16時36分)

フェデラー復帰「期待は低い」 (14時11分)

大坂なおみは世界ランク2位 (12時11分)

シュワルツマン 地元で優勝 (11時52分)

18歳が予選からツアー初V (11時23分)

錦織 世界ランク40位へ浮上 (9時46分)

ジョコ1位 311週の新記録 (9時45分)

ルブレフV「幸せ感じる」 (7時37分)

3月7日

約16年ぶりに新世界2位が誕生 (17時29分)

クヴィトバV キャリア28勝目 (16時46分)

完勝で決勝へ、地元初Vへ王手 (15時04分)

ダニエル 決勝ならず「残念」 (12時47分)

世界137位 ツアー初の決勝へ (12時46分)

フェデラー 2年ぶりに6位後退 (12時17分)

ルブレフ、キャリア8勝目王手 (10時39分)

フェデラー 第2シードで復帰 (10時01分)

3月6日

錦織 初戦は世界93位に決定 (20時34分)

デ杯 日本がパキスタンに勝利 (16時25分)

錦織撃破、準決勝は世界59位 (15時38分)

クヴィトバ 28勝目に王手 (15時37分)

地元V向けシュワルツマン4強 (15時37分)

錦織 2年ぶりの4強ならず (9時40分)

チチパス4強へ 激闘制す (9時26分)

【1ポイント速報】錦織svチョリッチ (4時32分)

フェデラー 出発「1年ぶり」 (3時58分)

3月5日

HEAD GRAVITY 2021シリーズ 発売開始 (18時47分)

内田海智も勝利、日本2勝 (18時26分)

デ杯 綿貫陽介が快勝で先行 (16時23分)

引退ウィリス「正しい決断」 (15時41分)

錦織、準々決勝はチョリッチ (6時37分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!