- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー 3回戦は「ラリー3・4本」

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は27日に行われる男子シングルス3回戦で、第2シードのA・マレー(英国)がビッグ・サーバーで第27シードのI・カルロビッチ(クロアチア)と対戦する。

>>全仏オープン対戦表<<

今大会、マレーは1回戦・2回戦ともに5セットの戦いを強いられた。全仏オープンの歴史で1回戦も2回戦もフルセットの戦いを強いられてからのタイトル獲得は、2004年のG・ガウディオ(アルゼンチン)以来現れていない。

一方、37歳のカルロビッチも2回戦では41本のサービスエースを記録し、4時間31分の5セットの接戦の末に勝ち上がっている。そして、1991年の全米オープンでのJ・コナーズ(アメリカ)以来となるグランドスラム3回戦進出した最年長選手となった。

今大会で過去3度のベスト4入りを果たしているマレーは、これまで既に長い戦いを強いられている。3回戦で対戦するカルロビッチはサーブ・アンド・ボレーを多用し、長いラリーを好まないプレースタイルであることは、マレーにとって良いニュースかもしれない。

「彼(カルロビッチ)の場合、平均のラリーは恐らく3本から4本になるだろう。」とマレー。

カルロビッチとは、過去の対戦からもマレーに有利だと思われる。両者はこれまで6度対戦しているが、マレーは長身のカルロビッチに1度も負けてはいない。しかし、その対戦では8度もタイブレークにもつれる接戦となっている。

マレーは「通常、彼との対戦ではどのセットも接戦になる。彼のサービスはなかなかブレーク出来ないから、何度もタイブレークにもつれてしまう。1ポイントはそれほど長くならないかもしれないけど、常に厳しい戦いになる。でもラリーが長くならないから、体力的に厳しくないのは良い方向に考えたい。」と加えていた。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・錦織とマレーが対称的
・マレーは「とても複雑な選手」
・マレー順延、大声で自身に喝
(2016年5月27日12時11分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!