- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルら上位陣が順当に2回戦進出◇全仏オープン

テニスのグランドスラム大会である全仏オープン(フランス/パリ、クレー)は大会2日目の25日、シングルス1回戦が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)、第2シードのR・フェデラー(スイス)、そして第6シードのA・ロディック(アメリカ)ら上位シード陣が順当に2回戦進出を決めた。

今大会4連覇中のディフェンディング・チャンピオンであるナダルは、予選勝者のM・ダニエル(ブラジル)を7-5, 6-4, 6-3のストレートで下し、前人未到の大会5連覇へのスタートを切った。

2005年の全仏オープンデビュー以来、これまで負けなしの28連勝であったナダルは、この日の勝利で連勝記録を歴代最多となる29へとすると、1978年から4連覇を成し遂げたB・ボルグ(スウェーデン)を抜き、全仏オープン連勝記録で単独トップとなった。

この日の試合でナダルは、ダニエルに3度のブレークを許したものの、それを上回る7度のブレークに成功し、2時間23分で大会史上初の5連覇に向けて第一歩を踏み出した。

第2シードのフェデラーは、A・マルティン(スペイン)を6-4, 6-3, 6-2で下し2回戦に進出した。グランドスラム通算13勝を上げているフェデラーだが、今大会だけはいまだタイトル獲得に到っておらず、最近ではナダルの前に3年連続での準優勝に終わっている。

元世界王者のフェデラーは、今大会の前哨戦であるマドリッド・マスターズ決勝でナダルを破り、今季初のツアー優勝を飾っている。

第6シードのA・ロディックは、主催者推薦で出場権を得た世界ランク305位のR・ジョワイン(フランス)を6-2, 6-4, 6-2で下し、2005年以来となる2回戦進出を決めた。

2006年は途中棄権、2007年はI・アンドレエフ(ロシア)に敗れ、そして昨年は怪我のために今大会を欠場していたロディックは「2週目まで残りたいね。実現可能な目標だと感じるし、僕のキャリアでまだ到達していなかったなんで驚きだね。」と今年の目標についてコメントした。

元世界ランク1位のロディックは、全仏オープンにデビューした2003年に記録した3回戦がこれまでの最高成績となっている。

この他の試合の結果は以下の通り。

N・ダビデンコ(ロシア) (10) ○-× S・クーベック(オーストリア), 6-2, 6-1, 6-4
F・ゴンサレス(チリ) (12) ○-× J・バネック(チェコ共和国), 6-3, 6-2, 6-3
S・ワウリンカ(スイス) (17) ○-× N・デヴィルダー(フランス), 6-3, 5-7, 2-6, 6-4, 6-4
S・ボレッリ(イタリア) ○-× T・ベルディフ(チェコ共和国) (19), 6-4, 6-4, 5-7, 4-6, 6-3
R・ソデルリング(スウェーデン) (23) ○-× K・キム(アメリカ), 7-6 (7-4), 7-6 (7-4), 6-2
J・メルツァー(オーストリア) (24) ○-× S・ロイトマン(アルゼンチン), 6-4, 7-6 (7-4), 6-0
I・アンドレエフ (25) ○-× F・フォニュイーニ(イタリア), 1-6, 6-3, 6-1, 3-6, 7-5
F・ロペス(スペイン) (28) ○-× F・フェレーロ, 6-7 (3-7), 4-6, 7-6 (7-4), 7-5, 6-2
V・ハネスク(ルーマニア) (30) ○-× S・ダルシス(ベルギー), 7-6 (10-8), 7-6 (7-5), 7-6 (7-3)
P・H・マチュー(フランス) (32) ○-× L・レクーデル(フランス), 6-4, 6-4, 6-1
T・ガバシュビリ(ロシア) ○-× I・クニツィン(ロシア), 6-7 (6-8), 7-6 (7-5), 6-3, 6-1
M・ヨージニ(ロシア) ○-× G・ミュラー(ルクセンブルグ), 7-6 (7-2), 6-1, 6-4
J・アカスーソ(アルゼンチン) ○-× S・ベントゥーラ(スペイン), 3-6, 7-6 (7-5), 6-0, 6-3
P・アンジャー(スペイン) ○-× R・ジネプリ(アメリカ), 6-4, 7-6 (9-7), 7-6 (7-3)
J・シャーディ(フランス) ○-× T・アルベス(ブラジル), 6-2, 7-6 (12-10), 6-3
G・ルファン(フランス) ○-× E・シュワンク(アルゼンチン), 6-1, 6-3, 6-3
I・ミナール(チェコ共和国) ○-× O・エルナンデス(スペイン), 6-3, 7-6 (7-4), 6-3
M・バッサロ=アルグエッロ(アルゼンチン) ○-× T・ベルッチ(ブラジル), 6-4, 6-7 (4-7), 5-5, 途中棄権
R・マシャド ○-× K・フリーゲン(ベルギー), 6-2, 6-4, 4-6, 2-6, 6-3
P・スタラーチェ(イタリア) ○-× M・ズベレフ(ドイツ), 6-7 (5-7), 7-5, 1-0, 途中棄権
J・ティプサレビッチ(セルビア) ○-× A・モンタネス(スペイン), 3-6, 7-6 (7-3), 7-6 (7-5), 6-4
N・マス(チリ) ○-× D・ケレラー(オーストリア), 6-3, 6-4, 1-6, 2-6, 6-3
D・ジャンケラ(アルゼンチン) ○-× P・カプデビル(チリ), 3-6, 7-5, 6-1, 6-3
D・イストミン(ウズベキスタン) ○-× S・ヒラルド(コロンビア), 6-3, 6-7 (2-7), 6-3, 7-6 (7-4)
N・キーファー(ドイツ) ○-× I・ボゾリャック(セルビア), 7-6 (7-4), 3-6, 7-5, 6-4

今大会の優勝賞金は106万ユーロ。

(2009年5月26日8時24分)
その他のニュース

9月22日

錦織は完敗、全仏OPへ不安 (21時35分)

西岡 好調の世界66位に屈する (21時14分)

錦織 復帰後2度目の初戦敗退 (18時25分)

【1ポイント速報】西岡vsケプファー (18時24分)

【1ポイント速報】錦織vsガリン (17時01分)

全仏OP会場で練習「長い旅」 (16時12分)

8年弱のコーチ関係終了を報告 (15時04分)

ハレプ 思わぬ形でV「気の毒」 (12時40分)

全仏OP 新たに1選手が陽性に (11時32分)

ジョコ 5年ぶり5度目のローマV (8時33分)

高3関東女子、重田夢亜が優勝 (6時49分)

高3関東男子、篠田玲が優勝 (6時44分)

9月21日

日比野菜緒、元世界3位破る (21時54分)

錦織 無観客は「集中できる」 (17時22分)

2連覇へ王手、元女王対決へ (15時59分)

全仏2020の賞金額を発表 (15時58分)

内山靖崇 全仏OP会場で練習 (15時27分)

錦織「今年の目標はない」 (11時26分)

熱戦制し今季3勝目に王手 (11時00分)

高3テニス 関東大会が開幕 (10時25分)

3時間超えの死闘制し決勝へ (7時54分)

全仏会場でコロナ陽性2選手 (6時52分)

ジョコ 10度目の決勝進出 (5時46分)

9月20日

ビッグ3から初勝利「最高」 (16時29分)

「憧れ」のディミトロフ下し4強 (14時52分)

メドヴェデフが第1シードで出場 (13時27分)

敗退のナダル「期待できない」 (11時20分)

好調アザレンカを破り4強へ (10時30分)

ジョコ 苦戦も7年連続4強入り (9時09分)

シュワルツマン4強へ ナダル破る (7時23分)

9月19日

錦織 初戦は世界21位と初対戦 (23時12分)

高3テニス大会 沖縄代表が決定 (21時20分)

逆転勝ちで6年ぶりに8強へ (16時31分)

8強ナダル 次戦はシュワルツマン (14時56分)

「キュッパーマルゴーのリキラケってなに?」 (13時29分)

ハレプ快勝、上位勢が8強入り (12時02分)

全国高3テニス 沖縄大会開催 (10時58分)

ジョコ 14年連続ローマ8強へ (9時30分)

錦織撃破の18歳 8強ならず (7時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!