- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

岩渕らシングルスベスト4が出揃う◇イザワ・クリスマスオープン

(兵庫、神戸)

第18回イザワ・クリスマスオープン・テニストーナメント(神戸・ワールド記念ホール)は、大会4日目の21日、単複準々決勝が行われ、男子では岩渕 聡、本村 剛一が、女子では米村 知子、佐伯 美穂らが順当にベスト4に勝ちあがった。

男子シングルスでは、全日本選手権に続く2連覇を狙う岩渕聡(日本)がベテランの茶圓鉄也(日本)を7-6(10), 7-6(0)で辛くも下した。「疲れからか試合中にあまり元気が出せず自分のペースをつかむことができなかったが、タイブレークを2セットとも取れたのが大きかった。」と語る岩渕が準決勝で対戦する相手は、加藤季温(日本)を1-6, 6-0, 6-4の逆転で下した岩見 亮となった。
もう一方の準決勝の対戦カードは、同大会5回の優勝経験を持つ本村剛一(日本)と、今年プロ入りを果たした注目の若手杉田 祐一となった。準々決勝では、本村が伊藤 竜馬を6-2, 6-4で、杉田が石井 弥起を6-1, 3-6, 6-1でそれぞれ退けている。

女子シングルスでは、米村知子(日本)佐伯美穂(日本)、瀬間 友里加、飯島久美子(日本)がそれぞれ準決勝に駒を進めた。

ダブルスでは、男女ともに準々決勝が2試合ずつ行なわれ、男子では岩見亮(日本)/石井弥起(日本)組、佐藤博康(日本)/黎明(アメリカ)組が、女子では岡本 聖子/飯島久美子、田中真梨(日本)/瀬間友里加(日本)組が準決勝に進出した。

(2006年12月22日12時34分)
その他のニュース

10月31日

ダニエル太郎 9カ月ぶり決勝へ (16時36分)

ジョコ 最終戦へ「最善の準備」 (15時37分)

メドヴェデフ撃破で4強入り (15時00分)

約3時間の死闘制し4強 (14時17分)

元世界17位が引退を発表 (13時19分)

ジョコ撃破の大金星「最高」 (12時01分)

ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破 (11時37分)

ジョコビッチ LLに完敗の波乱 (10時37分)

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!