元全米女王が完勝、次戦「宿敵」

ゲッティイメージズ
勝利したスティーブンス
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのクレジット・ワン チャールストン オープン(アメリカ/チャールストン、クレー、WTA500)は2日にシングルス1回戦が行われ、世界ランク40位のS・スティーブンス(アメリカ)が同53位のM・フレッチ(ポーランド)に6-0, 6-2のストレートで完勝し、初戦突破を果たした。

31歳のスティーブンスは2016年に同大会で優勝を飾っている。

迎えた今大会の1回戦、スティーブンスは第1セットで12ポイントしか失わず、1ゲームも落とさずに先行する。第2セットでも中盤で4ゲーム連取を果たすなど主導権を握り、1時間6分の完勝で2回戦に駒を進めた。

2回戦では第14シードのL・フェルナンデス(カナダ)と対戦する。今大会はシード勢が1回戦免除のため、フェルナンデスはこの試合が初戦となる。

2017年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)女王であるスティーブンスは、2021年の全米オープン準優勝者である21歳のフェルナンデスと過去3度対戦しているものの、1度も勝利を飾ることができていない。

このことについてオンコートインタビューでスティーブンスは「私の心の中には(次戦で戦う)宿敵がいるわ」と笑顔でコメント。また、クレーコートでの対戦は初めてのため「新たなサーフェスで自分のベストを尽くすつもりよ」と意気込んだ。

※2024/04/03 18:00
キャプションの選手名の誤表記を修正しました


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>


■関連ニュース

・錦織 圭「楽しんでます」引退は否定
・大坂 なおみ 2年ぶりクレー大会出場へ
・昨年引退の国枝 慎吾が現世界1位撃破しV

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年4月3日15時59分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)