ルール追加に出場選手が意見

ゲッティイメージズ
全米OPでのストリッカー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATPは26日、28日に開幕する21歳以下最終戦Next Gen ATPファイナルズ(サウジアラビア/ジッダ、ハード)に向けて新ルール追加を発表。コート上でのウォーミングアップ無しなど8つのルールを公開しており、出場選手が意見を明かした。

>>綿貫 陽介、中川 直樹ら四日市CH組合せ<<

同大会は21歳以下の選手で年間の獲得ポイント上位7選手と、ワイルドカード(主催者推薦)が与えられた選手の8名が出場する大会。4名ずつに分かれ予選ラウンドロビンを戦い、各グループの上位2名が準決勝に駒を進める。試合形式は4ゲーム制の5セットマッチで、2017年から新型コロナウイルスの影響を受けた2020年を除き過去5度開催されている。

初代チャンピオンはチョン・ヒョン(韓国)で、以降はS・チチパス(ギリシャ)J・シナー(イタリア)C・アルカラス(スペイン)B・ナカシマ(アメリカ)

今年はサウジアラビアのジッダで28日から12月2日まで開催。全5試合に勝利し完全優勝を成し遂げれば51万4,000ドル(約7,680万円)が獲得でき、参加するだけでも15万ドル(約2,200万円)が賞金として付与される。

今大会はA・フィス(フランス)L・ヴァン・アッシュ(フランス)D・ストリッカー(スイス)F・コボリ(イタリア)A・シェルバイ(ヨルダン)A・ミケルセン(アメリカ)H・メジェドビッチ(セルビア)L・ナルディ(イタリア)の8選手が出場する。

そして今回、大会進行スピードの向上などを目的とし新ルールを追加。試合開始前のウォーミングアップ無しについてストリッカーは「ウォームアップが無いのは面白いね。いつもは自分のプレーを見つけるのに数分かかるから、また違ったものになるだろう」とコメント。

続いてショットクロックの短縮について「ファーストサーブとセカンドサーブの間が8秒、ラリーが短いときはポイント間が15秒という新ルールはいいね。短いポイントの後に時間を節約できるからね。もっと時間が必要だと思う選手もいるかもしれないけど、僕はとてもいいアイデアだと思うよ」とストリッカーは明かし、ミケルセンは「僕は3バウンドするだけだから、ファーストサーブとセカンドサーブの間の8秒は問題ないはずだよ」とした。

また、ワイルドカード(主催者推薦)を受け取り出場するシェルバイは異なるルールの下でプレーすることに「みんながプレーのスピードに慣れるにつれて、よりエキサイティングに、よりチャレンジングになると思う。セットが4ゲームと短いので、ほんの数ポイントで試合が決まることもあるね。僕が挑戦的だと思うルールはファンの自由な動きだ。練習ではコートの中を歩き回ることには慣れているけど、試合でそれをするのは新しい経験になる」と述べた。

【グリーングループ】
フィス
シュトリッカー
コボリ
ナルディ

【レッド・グループ】
ヴァン・アッシュ
ミケルセン
メジェドビッチ
シェルバイ

<2023年大会での大きな変更2点>

・コート上でのウォームアップは無し
試合はコイントスの直後に開始され、ウォームアップのための練習は別に用意される。

・ショットクロックの短縮
ファーストサーブとセカンドサーブの間に新たに最大8秒が導入。これはファーストサーブやセカンドサーブのレットの後にも適用される。前回同様、前のポイントのショット数が3本以下の場合、ポイント間の時間は25秒から15秒に短縮される。




■関連ニュース

・アップ無し 21歳以下最終戦で導入
・21歳以下最終戦、賞金過去最高に
・21歳以下最終戦出場8選手が決定

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年11月27日20時32分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)