ペグラ 逆転でベスト4進出

ゲッティイメージズ
ジェシカ・ペグラ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)は28日、シングルス準々決勝が行われ、第3シードのJ・ペグラ(アメリカ)が第27シードのA・ポタポヴァを4-6, 6-3, 7-6 (7-2)の逆転で破り、2年連続のベスト4進出を果たした。

>>アルカラスvsフリッツ 1ポイント速報<<

>>アルカラスら マイアミOP組合せ<<

>>サバレンカらマイアミOP組合せ<<

29歳のペグラは1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でベスト8に進出。また、先月のカタール・トータルエナジーズ・オープン(カタール/ドーハ、 ハード、WTA500)で準優勝、前々週のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)ではベスト4を果たしている。

今大会、シード勢は1回戦免除のため初戦となった2回戦で世界ランク172位のK・セボフ(カナダ)を6-3, 6-1、3回戦で第30シードのD・コリンズ(アメリカ)を6-1, 7-6 (7-0)、4回戦で第20シードのM・リネッタ(ポーランド)を6-1, 7-5のストレートで下し、準々決勝進出を決めた。

第1セット、ペグラは2度のブレークに成功したものの、自身のサービスゲームではポタポヴァに3度のブレークを許し47分で先行される。

続く第2セット、序盤で2ゲーム連取を許したペグラは、第3ゲームから4ゲーム連取に成功。その後の第8ゲームから再び2ゲーム連取に成功し、42分で1セットオールに追いつく。

迎えたファイナルセット、互いに3度ずつブレークを奪い合うとタイブレークに突入。タイブレークに入るとペグラは2度のミニブレークに成功し、2時間36分で勝利した。

女子テニス協会のWTAは公式サイトでペグラのコメントを紹介している。

「第3セットの2-0の時点で足が重く感じた。第2セットを取るためにとても頑張ったと思う」

勝利したペグラは準決勝で第10シードのE・ルバキナ(カザフスタン)と対戦する。ペグラはルバキナについて「彼女とサバレンカは今倒すべき相手だと思うので、素晴らしいテストになる。このような大会の準決勝にふさわしいと思う」と語った。




■関連ニュース

・ペグラ 今季四大大会3度目の8強
・西岡、米2大会「タフだった」
・錦織 圭、公式サイトが4月に終了

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年3月29日21時58分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)