ガルシア 今季最多エース数に

ゲッティイメージズ
最終戦を制したキャロライン・ガルシア
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニス協会のWTAは22日、公式サイトにサーブとリターンのスタッツを掲載。世界ランク4位のC・ガルシア(フランス)が最多となる394本のサービスエースを記録した。

2022年に250本以上のエースを打った選手は5人でツアー最多の394本を記録したのはガルシア。今季は8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTA1000)を制し3勝目を挙げると全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では4強入り。さらに今月に行われたツアー最終戦 WTAファイナルズ・フォートワース(アメリカ/フォートワース、ハード)を制し、シーズンを締めくくった。

【サービスエース数トップ5】
1位:ガルシア 394本/63試合
2位:E・リバキナ(カザフスタン) 370本/57試合
3位:V・クデルメトバ 265本/59試合
4位:Ka・プリスコバ(チェコ) 259本/40試合
5位:L・サムソノヴァ 255本/45試合

ファーストサービスが入ったときのポイント獲得率が最も高かったのは20歳のジャン・チンウェン(中国)。今季は9月の東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)でツアー初の準優勝を飾っている。

【ファーストサービスが入ったときのポイント獲得率トップ5】
1位:ジャン・チンウェン 74.4%/39試合
2位:リバキナ 72.2%/57試合
3位:サムソノヴァ 71.7%/45試合
4位:ガルシア 71.4%/63試合
5位:T・マリア(ドイツ) 71.3%/27試合

サービスゲーム獲得率でトップに立ったのはサムソノヴァで81パーセント。これは2016年にS・ウィリアムズ(アメリカ)が記録した83.8パーセント以来、最高の数字である。24歳のサムソノヴァは今季3勝を挙げており、テニス・イン・ザ・ランド(アメリカ/クリーブランド、ハード、WTA250)と東レ パン パシフィック オープンテニスでは失セット0でタイトルを獲得している。

【サービスゲーム獲得率トップ5】
1位:サムソノヴァ 81%/45試合
2位:ガルシア 80.3%/63試合
3位:リバキナ 78.2%/57試合
4位:クデルメトバ 80.3%/59試合
5位:B・ベンチッチ(スイス) 77.1%/56試合

世界ランク1位のI・シフィオンテク(ポーランド)はリターンゲーム獲得率でトップに立った。今季は2月から7月のツアー大会で37連勝を記録。全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)と全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を含む8個のタイトルを掲げている。

【リターンゲーム獲得率トップ5】
1位:シフィオンテク 49.5%/74試合
2位:S・ハレプ(ルーマニア) 48%/50試合
3位:D・カサトキナ 47.1%/63試合
4位:S・ソリベス=トルモ(スペイン) 46.5%/40試合
5位:M・トレヴィサン(イタリア) 42.2%/33試合




■関連ニュース

・ガルシア「ベストを尽くす」
・好調ガルシアにインタビュー
・ガルシア 最終戦で初優勝

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年11月23日16時03分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)