ロペス金星も決勝T進出逃す

ゲッティイメージズ
(左から)ロペスとルブレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

国別対抗戦のデビスカップ by Rakuten ファイナルズ2021(スペイン/オーストリア/イタリア共同開催)は28日、グループA最終戦が行われ、スペインはロシアテニス連盟に1勝2敗で敗れ、グループ2位が確定。他グループの結果により、決勝トーナメント進出とはならなかった。

>>デビスカップの組み合わせ<<

>>【YouTube】苦手な片手バックハンド高い打点を克服、利き腕と逆側がコツ??<<

シングルス2試合とダブルス1試合で争われるこの大会。18カ国が3カ国ずつ6グループに別れリーグ戦が行われ、各組上位1チームと2位チームの中から成績上位2カ国の計8カ国が準々決勝に進出し、決勝トーナメントを戦う。

第1試合、世界ランク106位のF・ロペス(スペイン)が同5位のA・ルブレフ(ロシア)を2-6, 6-3, 6-4の逆転で破り、ロシアは1ー0とスペインからリードを奪った。

ロペスはこの試合の第1セット、第1ゲームでいきなりブレークを許すと第5ゲームでもブレークを許し28分で先行を許す。第2セットではお互いにサービスキープが続くも第6ゲームでロペスがブレークに成功。直後の第7ゲームでは3度のブレークチャンスを与えるも全て凌ぎ、セットカウント1-1に追いつく。

ファイナルセット、ファーストサービスが入った時に89パーセントの高い確率でポイントを獲得したロペス。第2ゲームで2度のブレークチャンスを凌ぐと第3ゲームでブレークに成功。その後はお互いにサービスキープが続き、1時間46分で勝利した。

デビスカップは公式サイトにロペスのコメントを掲載し「正直なところ、これは期待以上だった。僕にとっては、40歳で国を代表してここにいることがすでに驚きだよ。自分がシングルスで出場するとは思っていなかった」と語った。

「今日、彼(ルブレフ)を相手に自分のキャリアのこの段階で、しかも地元でプレーするなんて予想以上だよ」

一方で敗北したルブレフは「彼(ロペス)は、ここマドリッドでプレーする時はいつもベストを尽くしている。非常に集中しており、感情コントロールができている。1ポイント1ポイントにベストを尽くしている。今日の彼はそれができていて、素晴らしいプレーをしていた。彼は勝利にふさわしいよ」と述べた。

その後の第2試合では世界ランク20位のP・カレノ=ブスタ(スペイン)が同2位のD・メドベージェフ(ロシア)に2-6, 6-7 (3-7)のストレートで敗れ、1勝1敗に追いつかれると第3試合のダブルスではM・グラノジェルス(スペイン)/ ロペス組がA・カラツェフ(ロシア)/ ルブレフ組に6-4, 2-6, 4-6の逆転で敗れ、ロシアに敗北を喫した。

WOWOWテニスフェスティバル2021
12/12(日)午後4:00
日本の誇る国枝 慎吾・上地 結衣らがトークやエキシビションマッチなどを行なうスペシャルイベントを生中継!

WOWOWで無料放送&WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織「またコイツに負けた」
・錦織、腰痛で今季終了を発表
・大坂 なおみ 日本人初の受賞

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年11月29日15時04分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)