初デ杯の21歳 ガスケに金星

ゲッティイメージズ
ガスケに勝利したマハーチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニス世界ランク143位のT・マハーチ(チェコ)は26日、国別対抗戦のデビスカップ by Rakuten ファイナルズ2021(スペイン/オーストリア/イタリア共同開催)において、世界ランク86位のR・ガスケ(フランス)相手に7-6(7-3), 6-2のストレートで勝利し、チェコ対フランスの第1試合を白星でスタートさせた。最終的にマハーチ擁するチェコはフランス相手に1-2の逆転負けを喫するも、21歳の彼は元世界ランク7位のガスケとの一戦でインパクトを残した。

>>デビスカップの組み合わせ<<

>>【YouTube】新作ラケット3機種を茶圓プロが打ち比べインプレ、黒塗りデモ版ラケットの正体が明らかに!開発までの苦悩とは<<

試合後マハーチはガスケとの一戦を振り返っており、デビスカップは公式サイトを通じてそのコメントを伝えている。

「初めてのデビスカップで勝てたことは、とても嬉しい。正直この試合に出場できたこともとても嬉しい。テレビで何度も見ていたガスケと対戦できたこともよかった」

「今回のファイナルでは、とにかくすべての試合を楽しもうと決めた。このことは最初から確信していたけど、第1セットの最初の部分は少し緊張したよ」

「しかし、この試合ではすべてのポイントを争ったし、それが重要だった。ベンチにいるキャプテンやチームメイトがずっとそう言ってくれていたので、チェコのために勝利を掴むことができて本当に嬉しかった」

「ここにいることも、このチームの一員であることも、とても気に入っている。チームの雰囲気はとても良いし、ここでチェコのカラーでプレーできることをとても嬉しく思っている」

「デビスカップに出場することは僕の夢だった。グランドスラムやオリンピックでもっと活躍することも夢だけど、デビスカップのような試合に出場することが、僕がこのスポーツをする理由なんだ」

なお、同一戦の第2試合では世界ランク82位のJ・ヴェセリ(チェコ)が同71位のA・マナリノ(フランス)相手に7-6(7-1), 4-6, 2-6の逆転負けを喫すると、第3試合もJ・レヘチカ(チェコ)/ マハーチ組がPH・エルベール(フランス)/ N・マウー(フランス)組に6-3, 4-6, 3-6の逆転で敗れた。チェコは28日、グループCの最終戦でイギリスと対戦する予定だ。

WOWOWテニスフェスティバル2021
12/12(日)午後4:00
日本の誇る国枝 慎吾・上地 結衣らがトークやエキシビションマッチなどを行なうスペシャルイベントを生中継!

WOWOWで無料放送&WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織「またコイツに負けた」
・錦織、腰痛で今季終了を発表
・大坂 なおみ 日本人初の受賞

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年11月27日18時56分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)