錦織 逆転で激闘制し初戦突破

ゲッティイメージズ
初戦を突破した錦織圭
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は4日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク43位の錦織圭が同23位のK・ハチャノフ(ロシア)を6-7 (6-8), 6-2, 6-2の逆転で下し、2019年以来2年ぶり7度目の初戦突破を果たした。

>>錦織らマドリッドOP対戦表<<

>>錦織vsズベレフ 1ポイント速報<<

前週のミレニアム・エストリル・オープン(ポルトガル/エストリル、レッドクレー、ATP250)を右足の外転筋の負傷により棄権していた錦織。この試合の第1セットでは強烈なフォアハンドを決めるハチャノフに対し、バックハンドのウィナーを連発するなど激しいラリー戦に。互いに2度ずつブレークし迎えたタイブレークでは、先にセットポイントを握るも取り切れずにセットを落とす。

第2セットは、流れを掴んだ錦織が開始から3ゲームを連取。その後もバックハンドでハチャノフの逆を突くウィナーを決めるなど試合を優位に進め、セットカウント1-1とする。

ファイナルセット、錦織は第4ゲームで先にブレークに成功する。フォアハンドのウィナーを決めるなどして、そのままリードを守り切り、2時間を超える熱戦を制した。

2回戦では第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。上位8シードは1回戦免除のため、ズべレフは2回戦からの登場。両者は4度目の対戦で、錦織の1勝2敗。

一方敗れたハチャノフは2019年以来2年ぶり2度目の2回戦進出とはならなかった。

今大会の第1シードはR・ナダル(スペイン)、第2シードはD・メドベージェフ(ロシア)、第3シードはD・ティーム(オーストリア)、第4シードはS・チチパス(ギリシャ)、第6シードはA・ルブレフ(ロシア)、第7シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第8シードはM・ベレッティーニ(イタリア)

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード
5/2(日)~5/9(日)
男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ
5/9(日)~5/16(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・錦織 時差で誕生日なくなる
・「錦織は強い選手」とチチパス
・錦織 惜敗「チャンスあった」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2021年5月4日20時29分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)