圧勝ナダル「完璧なスタート」

ゲッティイメージズ
3回戦へ駒を進めたナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は16日、シングルス2回戦が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク18位のP・カレノ=ブスタ(スペイン)を6-1, 6-1のストレートで破り、今年2月のアビエルト・ メキシコ・テルセル(メキシコ/ アカプルコ、ハード、ATP500)以来約7カ月ぶりの公式戦を白星で飾った。

>>錦織らBNLイタリア国際 対戦表<<

>>錦織vsムセッティ 1ポイント速報<<

今季、アビエルト・メキシコ・テルセルで優勝を果たしたナダルだったが、その後は新型コロナウイルスの影響でツアーが中断。再開後アメリカで行われたW&Sオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、ATPマスターズ)、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)などを欠場しヨーロッパで調整していたため、今大会が復帰戦となった。

上位8シードは1回戦免除のため、この試合が初戦となったナダルはファーストサービスが入ったときに79パーセントの確率でポイントを獲得。全米オープンでベスト4に進出したカレノ=ブスタに1度もブレークを与えないテニスを披露した。リターンゲームではストローク戦で主導権を握り合計5度のブレークに成功し、復帰戦を1時間13分で制した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはオンコートインタビューのコメントが掲載されている。

「ツアーに戻ってこれて良かった。観客がいなくて寂しい。ニューヨークでの試合の後、彼(カレノ=ブスタ)は少し疲れていたかもしれないけど、いい試合ができた。僕にとっては完璧なスタートだった。フォアハンドとバックハンドで良いショットが打てたしね。あんなにいいプレーができるとは思っていなかったよ」

BNLイタリア国際3年連続10度目の制覇へ好発進した34歳のナダルは3回戦で、第13シードのM・ラオニッチ(カナダ)と世界ランク25位のD・ラヨビッチ(セルビア)のどちらかと対戦する。

同日の2回戦では第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)や第4シードのM・ベレッティーニ(イタリア)らが3回戦へ進出するも、第3シードのS・チチパス(ギリシャ)や第6シードのD・ゴファン(ベルギー)らは初戦で姿を消した。

[PR]「錦織 圭出場予定!男子テニスATPツアー マスターズ1000 ローマ」
9/14(月)~9/21(月・祝)
WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

優勝記念特番「全米2度目の制覇!世界が称賛する大坂 なおみ 絶対女王への道のり」
9/21(月・祝)午後0:30

「全仏オープンテニス」
9月27日(日)~10月11日(日)
WOWOWで連日生中継!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 圭、大坂 なおみに同情
・ナダル、ゴルフ大会出場で活躍
・ナダル 新王者ティームに言及

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年9月17日7時53分)
その他のニュース