経済的に苦しむ人々救済へ

ゲッティイメージズ
全豪オープンのキーズ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子プロテニス協会のWTAは26日に公式サイトで、世界ランク13位のM・キーズ(アメリカ)がスポーツ選手を集めて「Kindness Wins」と呼ばれる新しい活動で新型コロナウイルスに苦しむ人々を救済するための資金を集めていると発表した。

<YouTube>【伊藤 竜馬】ラケットバッグの中を全て公開してくれました

>>YouTube テニス365チャンネル<<

2017年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で準優勝を飾ったキーズは「私たちの多くが恐怖と孤立を経験しているときに、例えほんの小さな動きであったとしても、ステップアップして助けを提供したい」と活動について語った。

「苦労している人へVisaギフトカードを提供し、仲間のプロアスリートとともに『Crisis in Crisisオークション』を通じてコロナウイルスで苦しんでいる人への救済のための資金を集めることにまで広がることができた」

キーズは今年「Fearlessly Girl USA」を立ち上げ、現在はパンデミックの最中に経済的に苦労している人々への助けを行っている。

テニスは6月7日まで男女ともにツアー大会開催の中止を発表している。

WOWOWでは、年間を通してテニスを放送・配信!その他情報番組やドキュメンタリー番組も。
テニスを見るならWOWOW。


■詳細・放送スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・錦織「もうすぐ復帰できる」
・キーズV トップ10返り咲き
・錦織 チャン氏とともにコートへ

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年3月27日13時15分)
その他のニュース