国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

国内初プロテニスリーグ始動

プロテニスリーグ
プレイベントに出場した男女8選手
画像提供: tennis365.net
「国内でプロテニスリーグを!」という想いのもと、プロテニスプレーヤー、テニスファン、テニス従事者の有志により2020年に設立された一般社団法人プロテニスリーグ機構(PTL)が21日に第1回プレイベントを開催し、PTL理事でもある江原弘泰をはじめ、男子の添田豪片山翔望月勇希、女子の穂積絵莉澤柳璃子美濃越舞林恵里奈らが参加し、2チームによる団体戦が行われた。

PTLは国内で開催されている既存の公式大会とは別で行われる、プロテニスプレーヤーによる男女混合の団体戦を開催。試合時間の短縮や、音響を積極的に用いたエンターテイメント性を重視し、テニス未経験者でも気軽に観戦できる環境を作ることを目的としている。
21日に行われた第1回プレイベントの開催にあたっては活動資金をクラウドファンディングで募り、目標の200万円を上回る約260万円の支援が集まり、リーグ発足に期待が寄せられている。

理事を務める江原弘泰はプレイベント開催後に、プロテニスリーグへの想いを語った。「テニス人口をより増やしていきたいという思いで動いています。僕自身もファンが増えて大きな舞台になれば、より良いプレーをできるため、テニスを見てもらうということがすごく必要だと思っています」
「コロナ禍で観客の制限などはありますが、もっと応援してもらったり、飲食ができるような環境を作りたいです。僕としてはテニスを見に来るというよりは何かを楽しみにくる、ご飯を食べたりお酒を飲んだり、そういった場にテニスというものがないといけないと思っています」
「日本のテニスは観る文化ではなく、やる文化だと思っているので、それを観る文化に変えていくためには何が必要なんだろうか、キッズイベントなどもどんどん取り入れていきながら、テニスを観ていただける環境づくりに取り組んでいきたいと思っています」

男女8選手が参加したプレイベントは、埼玉県行田市出身の江原と神奈川県藤沢市出身の添田が各チームリーダーとなり、メンバーの頭文字からとったチーム「GYODA EREK」と、チーム「FUJISAWA GYME」の2チームに分かれて計5試合が行われた。

■「GYODA EREK」メンバー

江原弘泰(Ehara)
澤柳璃子(Riko)
穂積絵莉(Eri)
片山翔(Katayama)

■「FUJISAWA GYME」メンバー

添田豪(Go)
望月勇希(Yuki)
美濃越舞(Mai)
林恵里奈(Erina)

■試合形式
・男女の単複、混複の計5試合
・10ポイント先取の3セットタイブレークマッチ
※試合の進行状況により5試合目のみ1セットに変更

■試合結果
GYODA EREK vs. FUJISAWA GYME, 5-0

・女子ダブルス
穂積絵莉/澤柳璃子vs.美濃越舞/林恵里奈, 10-7, 9-10, 11-9
・男子シングルス
江原弘泰vs.添田豪, 10-3, 10-3
・ミックスダブルス
片山翔/澤柳璃子vs.望月勇希/林恵里奈,6-10, 10-5, 9-7
・女子シングルス
穂積絵莉vs.美濃越舞, 10-6, 10-8
・男子ダブルス
江原弘泰/片山翔vs.添田豪/望月勇希, 11-9




選手自身が熱狂する団体戦ならではの光景


解説:森田あゆみ、実況:吉崎仁康アナ


■プレイベント参加選手コメント
添田豪
「いま日本でも試合がなくなっていて、なかなか練習だけだと自分の実戦感覚もなくなってしまうので、エキシビジョンとはいえ緊張感をもってできるというのはすごく大事です。ただプレーするというよりは自分の足りない部分を確認するために出場しました」

「こうやって新しいことをやっていることに慣れてほしいですし、今までと全然違う雰囲気で(試合を)やっているので、これがスタンダードになっていけば新たなファンもつくと思うので楽しんでいただきたいです」

穂積絵莉
「国内のテニスを盛り上げたいなと思いました。海外では男女混合の団体戦がありますが、日本ではこういったリーグみたいなものがなかったので、今回プロテニスリーグを立ち上げたということで、私が力になれることがあれば少しでも力になりたいなという思いで参加しました。」

「率直な(今日の)感想は凄く楽しかったです。私自身団体戦が好きなので、こういった雰囲気の中で試合ができるのは緊張というよりは楽しいという気持ちが勝っていました。ただ、テニスは音が重要なので、こういった音響やMCの方が話している中でプレーをすることが初めてで、始まる前はどうなのかなと。相手のボールの音が聞こえなかったり、感覚が狂うのかなと思っていましたが、実際にプレーをしてみたら意外と気にならなかったです。お客さんもMCや解説の方のお話を聞きながらプレーを見られるというのも、またいつもとは違った雰囲気で楽しめるので良いと思います」


出場選手と解説を務めた森田あゆみ

PTLは今後もリーグ発足に向けたプレイベントの開催を予定している。

>>無料映像配信:PTLプレイベント<<

>>プロテニスリーグ公式サイト<<

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2021年2月23日12時01分)

その他のニュース

5月24日

【告知】ルードvsツォンガ (15時34分)

【告知】土居美咲vsコルネ (13時03分)

大坂なおみ「まだ少し痛む」 (11時28分)

フリッツ 3時間半の初戦制す (10時32分)

ジョコ 西岡を賞賛「速い」 (8時47分)

ワウリンカ敗退「大きな失望」 (8時04分)

ジョコ 西岡にストレート勝ち (7時09分)

西岡 ジョコに善戦も初戦敗退 (6時00分)

ナダル 18年連続初戦突破 (5時09分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsジョコビッチ (3時55分)

5月23日

19歳が全仏女王破る金星 (23時55分)

シフィオンテクが29連勝 (21時16分)

大坂を撃破「タフな試合」 (20時36分)

大坂なおみ 全仏OP初戦敗退 (19時40分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsアニシモワ (18時05分)

アルカラス「本当に幸せだ」 (17時46分)

内山靖崇、森田あゆみが優勝 (11時40分)

「ナダルよりジョコと対戦」 (9時00分)

大坂、全仏初戦「違う試合に」 (8時00分)

ティーム「数ヶ月はかかる」 (6時57分)

アルカラス 快勝で初戦突破 (6時19分)

ズベレフ「スタートに満足」 (5時01分)

オジェ 逆転で全仏初2回戦へ (1時25分)

ディミ 94分で全仏初戦突破 (0時29分)

5月22日

優勝候補の一角ジャバー撃破 (23時41分)

ダニエル太郎、全仏初戦敗退 (23時03分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバレール (21時15分)

ティーム 2年連続の初戦敗退 (21時09分)

ニューエラ「テニスコラボ」予約開始 (20時38分)

ナダルのファンが会場に殺到 (18時44分)

ノリー、クレー初Vで4勝目 (17時42分)

土居、全仏初戦「タフになる」 (16時47分)

西岡 ジョコ戦「正直厳しい」 (16時02分)

ルード2連覇「クレイジー」 (15時23分)

フェデラーがハミルトン訪問 (12時22分)

ダニエル太郎「調子が良い」 (11時00分)

ジョコ「感情目覚めさせる」 (9時57分)

ATPの方針に「本気か?」 (8時12分)

ジョコ「左利きは難しい」 (7時27分)

5月21日

チチパス 準V「残念だった」 (22時51分)

ジョコやナダルと「反対側」 (20時37分)

YouTubeラケットの選び方 後編 (20時01分)

大坂「最悪の選手」は避ける (18時31分)

ナダル CL決勝を現地観戦か (17時41分)

全仏女王「肘に問題あった」 (17時05分)

メド「5セットできる状態」 (16時34分)

28連勝で全仏「目標設定ない」 (15時52分)

ルード連覇に王手「楽しみ」 (15時03分)

ナダル「自身の可能性信じる」 (12時23分)

ATPは「殺人者側に立った」 (11時25分)

フェデラー 目標は2023年のWB (10時50分)

大坂、全仏へ「鎮痛剤飲む」 (9時14分)

穂積/二宮組、今季3勝目 (8時43分)

「今年のWBはポイント廃止」の方針 (8時17分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!